--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Flora』 ART-SCHOOL

2010年01月30日 08:06

Flora(初回限定盤)(DVD付)Flora(初回限定盤)(DVD付)
(2007/02/28)
ART-SCHOOL

商品詳細を見る
[ 続きを読む ]

『テュペロ・ハニー』 ART-SCHOOL

2010年01月29日 17:41

テュペロハニーテュペロハニー
(2006/12/20)
ART-SCHOOL

商品詳細を見る
[ 続きを読む ]

サリンジャーさん、あなたに神のお恵みを

2010年01月29日 08:46

タイトルこれ、よく考えたらサリンジャーじゃねえな。まあいいや。
サリンジャーもヴォネガットも似たようなもんだーい(何と乱暴な!)。
両方とももうこの世にいないし。
実際にこの二人が「アメリカ文学」になっちゃっている人も多いのでは?筆者とか。

米作家・サリンジャー氏死去(asahi.com)

いつニュースサイトの記事が消えるか分からないから、コピペサイトのリンクも。
【訃報】「ライ麦畑でつかまえて」 J・D・サリンジャー死去 91歳

「遂に死んだ!これで隠居後「自分のために書く」とか言ってた小説も世に出て来るのか?」なんてことも思わず考えちゃうけれど、確かに1965年以降ずっと隠居音沙汰殆ど無しというのはまた凄いけど、91歳だけど、やはり死んでしまうのはちょっと悲しい。彼の場合、20世紀のサブカルチャー、ぶっちゃけ青年文学やら音楽やらだけど、そういったものの根底の思想を形成する部分が大きいから、彼の死は20世紀のそうしたユースカルチャーの灯がまたひとつ、確かにずっと隠居ではあったけれど、消えたのかな、という感じがします。澄ましたことを言うようだけど。

『ライ麦畑』が世界中に与えた、衝撃と言うよりも、もっと深刻で深層的な、精神侵略。内気な文学少年から犯罪者まで、その「弱者」「自然と阻害された精神」の性質を、軽快なグチの数々とささやかな妹萌え(笑。こう書くのもなんかヘンだなあ。でもこう書くのが21世紀の日本的ということで、ここはひとつ)によってさらっと表現。僕たち私たちの、心の中のホールデン・コールフィールド。コールフィールドってのがまた、「心の中に広がる景色」みたいな感じがして、凄く良いですよね。シーモア・グラースなんて名前自体を話の軸にしちゃうくらいだから、やっぱりこの名前もなんか結構意味があるんでしょうね。
ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)
(1984/05)
J.D.サリンジャー

商品詳細を見る

キャッチャー・イン・ザ・ライキャッチャー・イン・ザ・ライ
(2003/04/11)
J.D.サリンジャー

商品詳細を見る

筆者は村上春樹訳のみ読了。いつかは野崎版も読みたいと、もう何年も思っています。ものぐさ太郎!

そして何気に、ライ麦畑の後に『フラニーとゾーイー』を残したことは、ダメ押しというか、よりサリンジャー的な精神が敬虔さ・真摯さを増すのに重要な役目を果たしたというか。最後のゾーイーおにいちゃんの言葉は、本当に効きます。なるほど、創作家から愛される訳だ、と。
フラニーとゾーイー (新潮文庫)フラニーとゾーイー (新潮文庫)
(1976/04)
サリンジャー

商品詳細を見る


そして名短編集『ナインストーリーズ』。実はまだ読み終わってないので、この期に読もう。
ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)ナイン・ストーリーズ (新潮文庫)
(1986/01)
サリンジャー

商品詳細を見る


サリンジャーが表現した「クソッタレな魂」が、21世紀の現代においてどのようにまた活躍するのか。やっぱりこういう根本的なところっていうのは、時代が代わっても変わらない、というか、時代の変化によって様々な表情を見せるので、サリンジャー自体が遂に死んでしまい完全に遊離したこの作品精神、これからどうなっていくのでしょうか。ひとまずは、致命的な発明を成したクソッタレ引きこもり野郎に、思慕の祈りと花束を。作品自体から数十年も経ってからの、遠く離れた異国の、大して教養の無いいちものぐさ人間がこのように言うのもなんか白々しくて嫌ですけど、本当にありがとうございました。


どうせなので動画も貼ってみたり。『SALINGER』Blankey Jet City。ライブ。
ベンジーも世界中の「ホールデン」のひとりなんでしょうね。

『Missing』 ART-SCHOOL

2010年01月29日 08:12

MissingMissing
(2006/09/06)
ART-SCHOOL

商品詳細を見る
[ 続きを読む ]

『フリージア』 ART-SCHOOL

2010年01月22日 19:35

フリージアフリージア
(2006/04/19)
ART-SCHOOL

商品詳細を見る

ジャケットで損をしていると、正直思うのです。まあ別に構わないですけど。
[ 続きを読む ]

小沢健二、復活?

2010年01月19日 17:49

小沢健二ライブ活動再開!13年ぶり全国ツアー決定

へあ!?

ツアースケジュールは5月20日の神奈川県民ホールから6月25日の福岡サンパレスまで13公演を予定。詳細は後日発表される模様だ。



ささささサンパレス……。

このツアーでは1990年代に発表されたアルバムやシングルの楽曲を披露する予定とのこと。ひさびさに音楽活動を再開するにあたっての彼の考えについては、現在特設サイトで公開中のロングインタビューで語られている。ファンはぜひチェックしておこう。



ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ……



今年はいい年かもしれません。

個人的には『天使たちのシーン』よりもこっちの方が好き。
ライブのついでに、お願いですから『刹那2』出して下さいよお、小沢さん。


小沢違いで、こんなに素晴らしいニュースが舞い込むなんて……。
日本も捨てたもんじゃないっす。
しかしなんでまたそんな気を起こして頂けたのやら。最近の社会的な活動と繋がる何かがあるんだろうな。
その辺のことも含めて、死ぬほど興味深いです……。
しかし特設ページ重たいな……。
ひふみよ(特設サイト)
小沢ファン(オザケンファンとはあえて言うまい)にとっては、インタビューは必見!
やはり大人な雰囲気はありますが、変に形而上学的でもなく、生活の延長から物事を語り、時折茶目っ気なども見せるその様子に、勝手に「やはり根本は何も変わってなさそうだなあ」と凄く喜んだりして。


「Life is COMEING BACK!」って、まあそんな単純なもんでもないでしょうが、しかしそう叫ばずにはいられない……。

HiGE、ベスト盤の曲目発表

2010年01月15日 02:24

ベストか。確かにアルバムはそこそこ溜まっているけど、でもまあ「7年目」とか「77曲目」とかの縁起担ぎ(というかジョークみたいなもんか)だからアレかあ。

髭(HiGE)ベスト盤全貌判明!初期曲を含む20曲入り(ナタリー)

むう、Disk2は全曲目新しい音源なのかあ。八曲はちょっと微妙にケチいなあとも思うけど、それと新曲『テキーラ!テキーラ!』が既発じゃないのかあ。なかなか「ファンに買わせる」気満々なベストだなあ。

Disk1の選曲は、まあ妥当と言えば妥当、と思ったら、『夢でさよなら』は外すんだなあと。『ハリキリ坊や~』は入れるのに(笑)ていうかこの曲目で12曲だと多分収録時間結構短いよなあ。こっちも微妙にせこいなあ。

そしてリマスタリングでまさかのアビーロード。なんかこういう扱いの良さを見ると、「これ売れなかったらどうなってしまうんやろ」と、変なファン的おせっかいをしてしまう。この記事なんか見ても、そのえらく扱いがいいことになんか、かえって怖くなっちゃう。次のアルバムは7月か。


アコースティックセットでのライブ。
どうでもいいけど、アンプラグド音源って、そういうところもちゃんとNIRVANAなんだなあと。

『PARADISE LOST』 ART-SCHOOL

2010年01月12日 02:44

PARADISE LOSTPARADISE LOST
(2005/10/19)
ART-SCHOOLACO

商品詳細を見る
[ 続きを読む ]

『あと10秒で』 ART-SCHOOL

2010年01月12日 02:40

あと10秒であと10秒で
(2005/06/22)
ART-SCHOOL

商品詳細を見る

[ 続きを読む ]

『LOST IN THE AIR』 ART-SCHOOL

2010年01月10日 19:23

(ミニアルバム『LOST IN THE AIR』は当時タワレコ限定・限定生産でのリリースだったため、
 現在入手は少し困難。
 曲自体はこれと前作の『スカーレット』をコンパイルした編集盤『Missing』で
 聴けるので、そのアマゾンのリンクを貼ります。
 限定にしたのは、やっぱリリースが自主レーベル、しかもその場凌ぎ的なところだったせいか?)
MissingMissing
(2006/09/06)
ART-SCHOOL

商品詳細を見る

ミニアルバムのジャケットも貼っときます。おしゃれダークやなあ。
artschool_lostintheair.jpg

[ 続きを読む ]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。