--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スピッツ』 スピッツ

2010年02月07日 07:30

初期だけ。スピッツはまんべんなく好きですけど。とりあえず初期だけ。
スピッツスピッツ
(2002/10/16)
スピッツ

商品詳細を見る
1. ニノウデの世界
一音目からバンド全体で元気よく始まる割とどっしりした一曲目。繊細なアルペジオが歌の後ろで早速舞い上がっているがディストーションギターの出番も多い。この曲に限らずだが、籠った感じの音が幻想的に響く。バンドブーム時代的な音の古さが惜しまれる、特にドラムの音。不思議な符割りで上昇するサビが印象的。ミドルエイトの超高音ボーカルには正直ビビる。早速歌詞は難解で、シュールな言葉の中に二人だけの幼くも退廃的な世界が見えてくる。「冷たくて柔らかな 二人でカギかけた小さな世界」。性と死、あるいは虚無、そういったイメージが晴れやかなのに冴えないサウンドと共に浮かび上がる。デビューアルバムの一曲目で、なんかもういきなり小さな世界の果てでぐったりしている。

2. 海とピンク
ツーコードのシンプルなメロディがシュールで幻惑的な「チューチュチュー」のスキャットまで軽快に突っ走っていく割と元気な曲。リズムにスピッツが元々パンクバンドだった名残が見える、が、歌も合わせるととても気怠げ。ソロも弾くアコギの響きが目立つ。歌詞はもう、やるせなくなってくる。冒頭から「ほらピンクのまん○」、「繰り返し遊んだ」と性的なモチーフも、「言葉だけ無邪気になる ほらまただまされてた」とか、可愛く意地悪だけどなんか虚しいし、そして結局「ちょっときみを見て 海を見て あくびして」で締める。このどうしようもない気怠さ。

3. ビー玉
穏やかにふわっとした雰囲気で終始進む、まさに気怠さそのものな曲。間奏のハーモニカがカントリーっぽくもあるが、やっぱり薄らと目眩がしてくるようなまったり具合。草野の歌もメインのコーラスを中心に非常にフニャフニャで、頼り無いを通り越して不安にさえなる。いきなりの「おまえの最期を見てやる」とか、「みんな夢のように消え去って」とか「俺は狂っていたのかな」とか、どうしようもない表現の数々が、サビの「タマシイころがせ チィパ チィパ チィパチィパ」に集約される様はぼんやりとした寒気を感じる。

4. 五千光年の夢
またパンク的、もっと言えばバンドブーム的なハネたリズムで進行する軽快な曲。この曲までダルダルでぼんやりとした曲が続くので、少々ダレる。サビらしくないサビの変なコード感はUKネオアコ的な耽美さも。最後のコーラスとギターソロの並走でぼんやりと世界観が広がる。「うしろ向きのままで」「なんだか寂しいな」「ちょっと照れくさくて」といった具合で、タイトルの意味するところの意味不明な消極性・妄想性が連想される。

5. 月に帰る
ちょっとこれまでと変わって、割とはっきりと爽やかでロマンチックなメロディの、ギターの三輪徹也による曲。壮大な世界の広がりを思わせるコード感やギターサウンドは後の『青い車』やら『渚』やらの開放感に繋がっていきそうな、そういうスケール感をもった曲。この曲ではそれが妄想的に宇宙的な方向に向かう。サビのメロディの舞い上がり方とか、そういうイメージにうってつけ。そんな宇宙的な広がりを見せるSE的なギターが素敵。特に終盤の無数の流れ星みたいなギター、逆再生なども用いたそれはとても幻想的で、シューゲイザー的。歌の裏で鳴っているアルペジオのadd9な響きが、やっぱギターポップだよなあ、と思わせる。

6. テレビ
イントロからして難解。どこでAメロ始まってんだ?バンドブームっぽい高速ツービートかと思ったら急にしっとりして、サビで爽やかにドライブする。気怠げながらぐるぐる回るメロディがサビで抜けて行く具合は良い。ミドルエイトのブレイクからまた少し宇宙的・シューゲ的広がりをかいま見せるところにニヤリとする。しかしそんなことしている場合でないほどに歌詞が混迷を極めきっている。文句無くスピッツでも五本の指に入る難解さ。爽やかに舞うサビの「マントの怪人 叫ぶ夜」を筆頭に、どうすればそうなるのか分からない言葉の連なりがぞろぞろ。「カボチャとナスは仲良しか それもいいや だって」とか、もう、何!?しかも、そんな訳の分からない言葉の並びも、ギリギリのところでちゃんと意味が通るように配置されていることに、ファンなどのこの歌詞の解釈(解説ページでもやはりこの曲が一番議論となっている)をいくつかつまんで見て再度驚く。「おなかの大きなママ」のフレーズで衝撃を受ける。なんちゅう世界観だ……。もちろん正解は無いので、とりあえずスピッツに、いや、変なものに興味がある人は、とりあえず歌詞を読んでほしい。頭痛くなってくる。輪廻転生かあ、なら曲調のぐるぐるした変化もなんか分かるなあ。

7.タンポポ
ゆったりぼんやりとした三拍子の、長い曲。マイナー調ではないけれど、しかしかなり陰鬱。全体的にぼんやりした音やフラフラしたメロディがとても幻想的に頼り無く、間奏の長めのギターソロが虚しげに響く。サビの「ふんずけられて また起きて道ばたの花 ずっと見つめていたよ」というフレーズがもう、どうしようもなく重たい。最後は「どうかこのまま僕とここにいて欲しい」と情け無く言い出す始末。「太陽は黄ばんでいた」というフレーズがすべて表しているような、明るいが故に虚しいタイプの曲。

7. 死神の岬へ
鬱で内向的な前曲から一気に切り替わり、爽やかに風景が開けるような雰囲気。軽快なリズムでテンポよく可愛いメロディを歌うので安心する。また三輪作曲。このアルバムの三輪曲はほっとするタイミングで爽やかに入ってくる。Bメロで上り詰めてサビでさらっと下りて行くような具合のメロディはとても美しい。これも『青い車』とかに通じる開放感がある、と思ったらこの曲も移動は車だった。間奏で変な音が沢山入ってサイケデリックになっても、また爽やかに駆け出すので安心する。「愛と希望に満たされて 誰もかもすごく疲れた」なんて皮肉な出だしから、サビの乾いて寂しげな情景描写へ向かっていくのが、青年の童心のようなものを非常にくすぐる。ここから三曲が、個人的にはこのアルバムの一番好きなところ。

8. トンビ飛べなかった
元気のいいギターのドライブを聴かせる、ストレートなロックソング。縦ノリのダサさと草野の貧弱さが素晴らしく中和し、可愛らしくも力強い。間奏ではまたシューゲ的なぼんやりした音世界を見せ、そこからシャウト(だよな、あれ)と共にまたロックサウンドに戻っていくのが爽快感がある。気持ちよく突き抜けていくのに歌詞が「トンビ飛べなかった」なのも良い。後ろ向きな表現が沢山出てきて、孤独、虚しさがよく見られる(タイトルも諦観だし)が、元気な曲調のせいか歌詞の方も開き直りのような言葉があって、モリッシー的なパンクさを感じる。二番の歌詞が好き。「つぶされかかってわかった 優しい声もアザだらけ」「正義のしるし踏んづける もういらないや」。何気にABサビCメロありで三分半に纏め上げる草野のソングライティングも凄い。

9. 夏の魔物
寂しくも爽やかな雰囲気で疾走していく、初期の楽曲でもとりわけ人気の曲。見事な情景描写で疾走し(爽やかに風景が広がっていくこの感じ)、マイナーコードが臭くなり過ぎない程度にきらっと光るサビに、バンド全体がうねるように突入するのが良い。特に最後に繰り返すところなどは、そっと挿入される「僕の呪文も効かなかった」というフレーズもあって非常に切ない。アコギの響きも輪郭をなぞるようなエレキギターやベースの動きも素晴らしい。やはり『青い車』とかに繋がる系統だろう。この系統の曲全部名曲。具体的でセンチメンタルな情景描写に対し、肝心の会いたかった「夏の魔物」が何であるかというのは諸説(象徴的な意味合いから、具体的な「妊娠中絶説」まで)ある。この多様の解釈を生みながら言葉の響きも可愛くて切ない「夏の魔物」というタイトル自体が、凄く良い。

10. うめぼし
アコギ弾き語りと室内楽的なストリングス。穏やかに伸びる歌のフレーズが「うめぼしたべたい」なので、インパクトは十分。ブリッジ部のメロディの寂しさが良い。ストリングスの被さり方も古くなった部屋みたいな穏やかさ・優美さを持っている。「うめぼし」自体が「たべたい僕は今すぐ君に会いたい」と続き、性的な意味合いを匂わせる。そしてその他の歌詞の憂鬱そうな具合。「知らない間に僕も悪者になってた 優しい言葉だけじゃ物足りない」というのが、その内気ながら内的なドロドロを抑えきれないもどかしさが、悲しい。そのもどかしさの発露が「うめぼしたべたい」なんだから、やっぱりやるせない。奥田民生が歌ったら、全然悲壮感無かったんだけどなあ(笑)

11. ヒバリのこころ
元気にどっしりと、壮大に広がっていく曲で、インディー時代からの大切な曲で、デビューシングル。この曲に至るまでのやるせなさの蓄積を考えると、この曲のポジティブな開放感やら力強さやら突き抜けていく感じに「涙がこぼれそうさ」となる。歌自体は舞い上がるのを避けるように展開し、サビで溜めに溜めて、その後演奏で一気に広がっていくところにカタルシスがある。特に二度目のサビでしつこくタイトルを繰り返してからは、残り一分半ほどをその力強く羽ばたいていくような演奏にたっぷりと費やしている。雄弁なギターソロ。時折見せる陰りはユニコーンの『すばらしい日々』と似たところがあるが、あちらが終わっても続いていく虚しさに溢れているのに対し、こちらは色々な困難や憂鬱があっても、それでも頑張ろう、サビのフレーズ通り「僕らこれから強く生きていこう」という切ない力強さを感じさせる。フェードアウトは切ないけれど。


スピッツの記念すべきメジャー1stアルバム。
シュールなジャケットは、ヒトデの交尾を思わせる。片方が薄いのもまた、詩的ですね。クリエイションレーベルのジャケットみたいな洒落たものにしたかったらしいが、ヒトデの交尾はなかなかに毒があって、まさにこのアルバムの特徴を良く表している気がする。
全体的に弱めな音が幻想的なイメージを作り出している。それはシューゲイザーの「世界の果て感」と共通する、あるいはそれを目指して作られたものと思われる。ただ、本当に爽やかなRide(スピッツは早い時期からRideからの影響を公言している)と比べると、ずっと後と比べても異様にフニャフニャな草野の声もあってか、突き抜けた爽やかさよりももっとぼんやりして、気怠くて、どうしようもない感じもする。それは耽美系のシューゲイザーのそれとも異なる、むしろ80'sUKネオアコの内向き加減に近い感じか。そこに日本のバンドブーム的なパンク感や時代を感じさせるサウンドプロダクションやらで、何ともヘンテコな、次作以降ともまた異なる変な、居心地の悪い感じが、特にアルバム冒頭から四曲や『テレビ』などから感じられる。逆に言えば、この辺りの曲の雰囲気は後のアルバムには無いものがある(割とサウンドが近い次作『名前をつけてやる』にさえ、無い気がする)。歪で、シュールで、気持ち悪くて、ちょっと可愛くしようとしているのがかえって気味悪くて、それがこの辺の楽曲の個性になっていると思う。そういう意味でもやはり、『テレビ』がこのアルバムの象徴なのかな、とも思う。後半は意外と、聴き易い。スピッツの一貫した爽やかさが既に、多少の毒を孕みながらもすっと出てきている感じがする。
このアルバムを語るにおいて、歌詞に触れないわけにはいかない。全アルバム中文句無しで一番訳が分からない。これもアルバム後半は情景描写が多めなのに対し、前半はひたすら全く予想の出来ないフレーズがバンバン飛び出す。それぞれがシュールなだけならまだしも、強烈な冷気や(冷気の表現は初期スピッツの重要なモチーフのひとつ)圧倒的な孤独、そして可愛さを装う分かえって気味悪さの増したエロスとタナトスを放出し、フニャフニャな楽曲と共にこちらに働きかけてくる。歌詞をよく読みながら聴くと、どうしてデビューしていきなりこんな気持ち悪い世界観を、この人達は表現するんだろうと、薄ら寒い思いになる。破綻、圧倒的な破綻の予感を、草野の弱々しく気怠い声で歌う、これはハードコアなサウンドで露悪的な歌詞を歌うどんなバンドと比べても、次元の違うくらいにハードコアだと思う。変態と呼ぶのも憚られるくらいに強烈で、かつ悲惨。このアルバムの不健全っぷりを思うと、その後、特に『ロビンソン』以降の展開がまるで噓のように思える。まあ逆に、このように濃い「初期スピッツ」があったお陰て後の売れ線時代でも変わらぬ切なさや世界観を保っている、とも言えるかもしれないけど。
そりゃ後のスピッツに比べたらずっと聴き難いし、洗練もされてないけれど、でも表現のエッジの鋭さとしては、もしかしてこのアルバムが一番おぞましいのではないか、とも思う。演奏はそこそこだが、何気にベースはこの頃から非常に良く動く。流石スピッツのリーダー。



『ヒバリのこころ』PV。広大な風景を映すスクリーンの前、閉塞感のある場所で演奏しているのが初期スピッツらしい感じ。このころの草野さんを見ていると、フィッシュマンズとかと仲良かったのが何となく分かる感じがする。


『海とピンク』Live。これは流石に大分最近だろう。アルバム時の気味悪さが歌からもサウンドからもとれて、随分はっきりとロックしている。アルバムのとどちらが好きかは聴く人の好み。しかし上のPVと比べても、全然歳とってねえなマサムネ。すげえ。



スピッツトリビュートの小島麻由美による『夏の魔物』カバー。カバー業界でもここまでばっちりなのあるか?ってくらい好き。原曲の幼げながら切羽詰まった雰囲気とこの人の歌の性質が完全に一致している。原曲越えとか、そういう比較はしたくないけれども、でもこれはとても素晴らしい、儚い。筆者なんかは、これ聴いてこの人知ってベスト借りたクチ。
スポンサーサイト


コメント

  1. たびけん | URL | 0hxr4hYM

    おお、スピッツレビューですか。最近このCD借りてきました。
    というか最近スピッツがマイブームで。この企画はうれしい限り。
    歌詞がほんとよくわからんです。でもかなり下向きで暗い、なのに可愛らしく見せようとしてるっていうのは聴いててわかりますよね。このころから世界観は変わってないし、というか、このころはかなり濃いですよね。

  2. よしとも | URL | -

    スピッツは大分前から色々書きたかったんですよ。80'sUKギタポ~シューゲをよく抑えながら毒々しい愛嬌を振りまく初期のスタンスは本当に、他に例を見ない気がしますし。それにしてもこのアルバムの歌詞は本当にどうしようもない(笑)性と死のテーマと実際的な可愛らしさ・綺麗さのバランスがスピッツだと個人的には思っているんですけど、このアルバムがずば抜けて前者寄りだと思います。心身的にキツい時は前半すっ飛ばして『死神の岬へ』から聴きますね正直(笑)

    あと、こんなところでツイッターの返事書くのも変ですけど、やっぱり心中な雰囲気ありますよね『死神の岬へ』は。でも、「いくつもの抜け道を見た」に『チェリー』の「ズルしても真面目にも生きていける気がしたよ」のズルの方を見出したいのが、僕の実生活の願いも含まれた(笑)気持ちだったりします。

  3. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/544-962ba925
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。