--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川本真琴、まさかの新譜リリース

2009年11月30日 22:32

川本真琴9年ぶりソロ「音楽の世界へようこそ」で完全復活

驚いた。最近暗いニュースが多い音楽業界で、これは久々に凄くスッキリするニュース。

調べてみたら、音源のリリース自体は2006年のタイガーフェイクファー名義のシングル以来、川本真琴名義なら実に九年ぶりだそうな。まあでもアンダーグラウンドとはいえライブ活動はしていたから(小沢健二ほど絶望的ではない感じ)、それがいきなりアルバムというのは「ついに……満を持して……!」という気持ちが一気に沸き上がる感じ。とても素敵。

この長い沈潜は何も悪いことばかりじゃなくて、この長い時間にメジャーとの契約、というかそれも含めた表世間に対するあらゆるしがらみとは完全に切れているようで、ということは今作る彼女の作品こそが一番何の制約も掛かっていないはずで、そんな彼女がどういう作品を出すのか凄く楽しみです。というか、メジャーから切れても(いい意味で)しぶとく活動を続けることが出来ていることが良いですね。そしてアルバムリリースでその成果を、といったところか。

しかしどういう作品になるのか全く想像がつかない(笑)ただただ楽しみです。っていうかキャロル・ケイっておい。まさか川本真琴の記事でPET SOUNDSの文字列を見ることになるなんて思っても無かった!


ROCK!なんか天然って感じでROCK。確かに真似するタイプの音楽じゃないわ。


圧倒的な「うた」って感じ。
ここまで「あさって」の方向にぐっと踏み込んだうたを歌える彼女が恐ろしい。
素晴らしいことに、それは演技じゃないのだ。真っ直ぐ歩いただけの素敵な素敵な「あさって」。
ぴゅーん、と。
とりとめの無いイメージの海から、素晴らしいものを引き上げて形に出来る才能!

タイガーフェイクファーのマイスペース。
アルバムの予習になるとは(いい意味で)思えませんが、一応。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/506-2b320e47
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。