--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう知欠なんて呼べない

2009年06月09日 22:53

ニコ動未成年演奏者がジャンプ漫画家・矢吹健太朗の嫁との不倫認め謝罪、引退へ
(いつものように引用)
これはとりあえず、決着がついたということでしょうか。

まさかこんなことになるなんて……。

一応『BLACK CAT』の頃からジャンプは読んでいて、まあこの漫画はネットでも散々ネタにされてたし、私も積極的に好きな漫画じゃなかった。

『To LOVEる』が始まって、うわあ、吹っ切れたなあと思った。ここまで来ると逆に清々しいと言うか。絵柄の毒や癖のいい意味で無い感じや、それでも一般的な萌え絵とはきっちりと距離を置いた絵柄は、確かにああいう漫画に適していたし、内容のいい意味で突き抜けた軽薄さがさらに絵柄のポップさを強化していて、まあ確かに結構読み飛ばすけど、でも悪い漫画とは思えなかった。休載も少ないし。

それがまさか、現実世界ではこんなことになってたなんて。現実は漫画より奇なりと言うか、そんな状況でやっぱりあのおバカポップエロスな漫画を書き続けるって、凄い人生……。職人的なタフさを感じる。漫画が暗いところの無いライトなポップさであるだけに、現実のドロドロ加減や人間の汚い感じが非常に痛ましい。

しかしこんなに現実がヘビーだと、『To LOVEる』を読む時に読者がこれまでみたいに無邪気に読めなくなってしまいそうで、そういう意味でも矢吹氏はお気の毒。もう誰も「知欠」なんて呼べないだろ(最近は殆どいなかったが、今回ので完全に無くなるでしょう)。

しかし『To LOVEる』も、最近前作の主人公が出てきて、なんか凄いなあ。凄く自由な感じがして、いいと思います。どうやって収集付けるかは知らないけど。なんだかんだ言って世界観はそれなりにあるもんなあ。ぜひとも頑張って欲しいです。

あと、『バクマン』で福田さんが『To LOVEる』が一番好きとか言ってたのはひょっとして、こういう一連の辛い流れに対するさりげないエールだったりしたんだろうか。
To LOVEる-とらぶる 1 (ジャンプコミックス)To LOVEる-とらぶる 1 (ジャンプコミックス)
(2006/11/02)
矢吹 健太朗長谷見 沙貴

商品詳細を見る
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | -

    現実はTo Loveるなんてレベルじゃなかったんや!

    つかどっからばれるかもうわからんなあ。やはり小汚いことはするもんじゃねえ。これって慰謝料取られるんか?ええ?金、金、金!

  2. よしとも | URL | -

    まずLoveからして無いよね。ラブレスですよホント。
    そしてとりあえず今のところ元嫁はこれといった物質的被害は無いらしい。社会的被害は只今ネット住民が追撃中だが。
    離婚は成立している。どんだけ踏んだくったんだろうね。おお、こわい。何だかんだ言って売れっ子だからね矢吹氏。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/462-d17a0c2a
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。