--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマパンのメランコリー期のシングル群

2009年05月25日 23:18

遂にこれを購入してしまった!まだアマゾンでクリックしただけなんだけど。

既にメランコリーの時期のシングルは三枚持ってるのに。
今持ってるのは『Tonight, Tonight』『1979』『Thirty Three』の三枚。
あとレンタルで『Zero』も持ってる。
あと一枚『Bullet With Butterfly Wings』で全部。

で、最初にリンク貼った『Aeroplane Flies High』というのは、この五枚のシングルを集めたボックスセットなんです。「なら既に四枚持ってるのに勿体無いじゃんこのマニアうんこ!」と言われたいところですが、実はちょっとこの辺微妙な問題があって。

まず、スマパンのシングルは時にバージョン違いが存在して、収録曲が異なったりします(シングルの各バージョンや収録曲についてはこのページが詳しい)。で、僕が持っている『1979』については2パターンあって、四曲入りのやつと六曲入りのやつがあって、四曲入りのやつの曲は全部六曲入りに入っています(何でこんなことするんだ!)。僕が持っているのが残念ながら前者なんです。で、四曲入りに入っていない『The Boy』という曲、これが名曲で。悔しい。欲しい。

あと、もう一つ大事なポイント、っていうかいちばん大事なポイントが、『Bullet With~』のシングルで、上のリンクから分かるように、シングルのこれは二曲入りなんですが、『Aeroplane~』に入っている『Bullet~』はなんと七曲入り!様々なカバー曲が5曲も増えているのです!初めっから入れろよ!ボックス買わせたいだけだろ!嫌がらせだろ!ってかどんだけ曲あるんだよ!と。

なので、ボックスが欲しいなあと。一応、iTunes Store(USかUK)でもこういうカップリング曲とかは買えるんですが、やっぱりファンとしてシングル持っておきたいなと。あとボックスのデザインも中々洒落てるし。
6a00c2251cd00ff21900e398abfdb50004-500pi.jpg
かっこいい!この頃のビリーホントセンスいい!

しかし、メランコリー期のビリーは曲書き過ぎ。以下、シングル収録曲を羅列。
1st single 『Bullet With Butterfly Wings』

1. bullet with butterfly wings
2. ...said sadly
+ボックスセットに収録分
3. you're all i've got tonight (original: The Cars)
4. clones (we're all.) (original: Alice Cooper)
5. a night like this (original: The Cure)
6. destination unknown (original: Missing Persons)
7. dreaming (original: Blondie)



2nd single 『1979』(六曲バージョン)

1. 1979
2. Ugly
3. The Boy
4. Cherry
5. Believe
6. Set The Ray to Jerry
(四曲バージョンは以上から『The Boy』『Set The~』を除く)



3rd single 『Zero』

1. zero
2. god
3. mouths of babes
4. tribute to johnny
5. marquis in spades
6. pennies
7. pastichio medley



4th single 『Tonight, Tonight』

1. tonight, tonight
2. meladori magpie
3. rotten apples
4. jupiter's lament
5. medellia of the gray skies
6. blank
7. tonite reprise
(このシングルも四曲バージョンが存在し、以上から6,7を除く)



5th single 『Thirty-Three』

1. Thirty-three
2. The Last Song
3. The Aeroplane Flies High
4. Transformer
5. The Bells
6. My Blue Heaven [Writing/Donaldson]
(これは四曲バージョン、三曲バージョンが存在する。めんどい)



おまけ 『1979 remix』

1. vocal mix
2. instrumental mix
3. moby mix
4. cement mix
(これはボックスには入ってないようです。要らん。)



各シングルの表題曲はアルバムに収録されているので除くとして、アルバム未収録曲は実に22曲(カバーとリミックス、及び『pastichio medley』を含まず)にも及びます。多分もっとボツとかあるんだろうなあ(ボツの固まりが『pastichio medley』)。もうひとつ二枚組アルバムが作れてしまう。

『サイアミーズ~』から『メランコリー~』までのブランクは二年。しかも間に『Pisces Iscariot』を挟んでいる。この期間のスマパンはもう本当にリリース大杉。アルバム出てからのシングルカットを含めると二年半くらいかもうちょっとか。この辺りがいわゆるスマパンの「全盛期」でしょう。今や一人でスマパンしているビリーは、この全盛期に並ぶ作品を作ることが出来るんでしょうか?ユーチューブとか見てると、曲自体はまだ全然書けそうなんですが。アレンジとか……。

ちなみに、このようなアルバム未収録曲ですが、大体はYoutubeで聴けます。流石アメリカの国民的バンド!歌の内容考えたら、全然「国民的」に相応しくなさそうなバンドなのに。

スマパン期のイハ曲で一番いいんじゃね?

この曲も大好き!ビリーは細かいところでネタが多い。
いいリフにいいメロディ載せるなあ。
投稿者の持ってきた映像もスマパンっぽくていい。愛されてるなあ。

トドメがこれ。ボックスのタイトルにもなった大曲。8:33。圧巻。
なぜか映像が『青い春』。よく分からん。

スマパンのこれらのシングル五枚のレビューします。
持ってるものからするので順番は順不同。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/448-bb407469
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。