--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Primary Colours』 The Horrors

2009年05月13日 17:26

しししししし死ぬ程素晴らしいいいいいいい!!
Primary ColoursPrimary Colours
(2009/05/05)
The Horrors

商品詳細を見る


一応座って正面を向いているという部分で1stと共通するが、しかしその雰囲気が全然違う、しかししかし「セルアウトッ!」って感じは皆無、むしろこの歪み具合ってキュアーのあれだろー、と、もうそういうモノ好きをニヤつかせるこのジャケットからしてすでに強力だが、それはまあ中身あってのものだし。

素晴らしい、多分ここ十年のUKインディロックでも最も理想的な2ndでは?
っていうか00'sでUKで完全に絶賛できる2ndの方が少ないし。
(ちなみに私はBloc PartyとNine Black Alpsの2ndは大変素晴らしいと思う。
 ぱっと思いつくのはこれくらい。リバの2ndも好きだけどあれはアレだし。)
ポストパンクリバイバルは決定打を提示できずに収束した感があったけど、もうとっくに終わったと思ったこんな時期に、こんな理想的な形で、しかもこんな予想外のイロモノ(と思われていたであろう)から出てくるなんて。
(大体あのブームはXTCとG4とJDのパクリばっかりだったし。 いや、好きなバンドも結構あるんだけど。)

全体の雰囲気はまさにJDかキュアーにマイブラが乗り移った感じ。
もしくは最初期マイブラ(ゴスっぽい)が今のUSインディシーンに目配りした感じ。
そしてそこに、00's的な折衷具合と、アートロック最前線の技術やノウハウ、
そしてあの雰囲気(ゴス!)をそのままに増幅させ最新系にする気概。
そう、遂にゴスはリバイバルの対象から最新型インディミュージックに返り咲いた!

興奮してなんかよく分からん感じになっとる。

具体的にサウンドについて書く。
まず、1stにあった「なんかゴスにしてはやけっぱちなガレージ的疾走感」は消滅!はせずに、何曲か(特にM2とか)のリズムの中に、または曲の骨組みの中に適度に保存され、そしてそんな楽曲の上をギターとシンセが埋め尽くす。もう凄い埋め尽くしっぷり。

ギターは前作のメスの様な感じではなく、それこそマイブラ的な、ディストーションと深いリバーブで激しい「ノイズの筆」となって、怪しく蠢いたり、蠢きながら疾走したりする。この辺は最近のUSインディのネオサイケ事情(ディアハンターとか)と共振するものを感じるが、その使われ方は激しくUK的(「color」じゃなくて「colour」なのです!)で、もっと言えばキュアーやJDみたいな雰囲気にこのギターを突っ込めたことが今作最大の発明だったのかもしれん(既にそういうのあったのかもしれないがそんなの知らん)。NW的不穏さとマイブラ的陶酔感・疾走感が絶妙にマッチしている。

キーボードもまた、強力な音の壁発生装置となっている。メロディも勿論弾くが、それよりもやはりギターと同じく、鮮やかで膨大なノイズの上昇や下降を繰り返し、音の壁を作り出す。

しかし、この二つの音の壁を用いながらも、NW的空虚感は維持されている!アルバム全体のサウンドはカラフルでなく、ちゃんと一定の「らしい」トーンで統一されている。これはアレンジ・プロデュースの成功と、作曲のコンセプト段階での成功両方によるものだろう。

そして、前作ではゴスのくせに物凄く情け無い感じだったボーカル(そこがウリでもあったのだけど)は、それはもうイアン・カーティスやロバート・スミスが生き返った(後者はバリバリ現役だが(笑))かの様な、的確なNWゴスボイスを響かせる。低い声がある程度メロディアスな旋律でも一定の抑制を保ち、そしてそれを突き破りそうで突き破らない感じのあのシャウトが聴ける。

そして何よりこのレコード全体の雰囲気が、アーティストの「こういう雰囲気だ!」という目標(と言ってもそんなにシンプルなものでもなく、曖昧な「妄想」に近い様な)に向かってのみ機能していることが素晴らしい。安易なエンターテイメントも、ダンスフロア向けのチップサービスもここには一切無い。「あの」雰囲気目指して全楽器が暴れ回っている。もう本当に素晴らしい。

そしてそんな荒れ狂ったりゴスったりしまくった後、最後にたどり着くのがアルバム中いちばん穏やかで美しい『Sea Within A Sea』という。あの絶妙にアナログさとデジタルさが、穏やかさとマイナーコードが行き来する素晴らしいリフレインに行き着くという。もう出来過ぎだろう。そう、全体的に曲の並びもなんかいい具合。

また世界に一枚、どこかのインディロック好きの「ぼくの考えた世界最強の名盤」が生まれた、そんな感じの、ちょっと憎たらしいくらいに羨ましくなるような、そんな素敵なレコード。沢山のインディミュージックに対する愛が強烈に感じられてニヤニヤする。1stからの飛躍加減といい、多くの人がレディへを引き合いに出してしまうのも仕方が無いと思う。そのくらい、バンドストーリー的にも強烈で美しい飛躍だと思う。



しかしこれ、次はどうするんだろう。まさかそこまでレディへ見たいに、なるのか?
期待して、いいのか?
スポンサーサイト


コメント

  1. たびけん | URL | 0hxr4hYM

    ちょくちょく拝見させてもらってます。

    すごく今更ですがこれ読んでホラーズの2nd欲しくなっちゃいました。なんか1stのイメージが自分の中では抜けてなくてどうなんだろうと思って、今まで手を出してなかったんで。キュアーとか死ぬほど好きな僕は買ってOKということでしょうか?笑

    急なコメント失礼しました。

  2. よしとも | URL | -

    ああ、参考にして頂けると本当に幸いだし嬉しいです。

    まあキュアーみたいにとてもメロディアス!って感じじゃない、どっちかと言えばややJD寄りかなあとは思うんですが、それでもキュアー的な影響もよく見えますし、それにやはり、サウンドの饒舌ぶり、小さく纏まらずにドラマチックに映像的にかつ過激に広がっていく様は、キュアーなどが志した音楽性を更に自分たちの趣味で進化拡張させた感がありますので、まあ何はともあれ購入して損することは、少なくともキュアーなどを好む方なら無いと思います。ああいった時代の音楽性が今のアーティストによってこの世の春をまた謳歌しているのを観るような、そんな気持ちにもなります。

    なんだか上手く言えないのですが(笑)、去年の新譜では圧倒的に「絶対買い」だと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/444-d38a7b0d
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。