--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界は諦観に近い悲しみと虚しさに満ちている

2008年09月21日 04:10

外務省が公開している海外の安全についての記事記載。

何故かソマリアに関する情報を仕入れていて気づいたけど、紛争地域とかの悲惨な写真とかも相当に怖いですが、この外務省が作成した危険地域についての注意勧告のページもまた、怖い。
文章と地図で淡々と悲惨な状況を伝えるのは、なかなか無惨な想像をかき立てて、次第に不安が胸に立ちこめてきます。真っ赤に塗られた地図を見る度に戦慄、光景を想像して吐き気が。最近の悲惨なニュースを読む度に、命の軽さに引くし量の多さに震える。
内戦、テロ、誘拐、強盗、強姦、部族対立、独裁、飢餓、伝染病……。
ソマリア、アフガン、イラク、ナイジェリア、ジンバブエ、チャド、コンゴ、コートジボワール、北朝鮮……。

もちろん「アフリカではこんな悲しみが続いてるんだ!オレらの悩みなんて対したこと無い!」とか言う勘違いを吐く気はない。でも、こういう状況にある世界、「十分注意が必要」以上のカンックが出されている地域というのがこれだけ広いということも知っておくべきだと思うのです。

そりゃあ黒人に対して白人もビビったりするわ。もちろん彼らも罪の一端を背負っている訳だが。
アメリカの黒人はアフリカの黒人たちの、悲惨な政治的・経済的状況についてどう思うのだろうか。

人道主義には激しく限界がある。私は『ブラックホークダウン』をまだ観ていない。明日借りてこようかと思う。こういう世界のことを認識すると、一切の奇麗事は言えなくなってしまう。

そして、そういう状況を知った上で自国を振り返る。ここで「ああ、平和って素晴らしい」で終わるのも懸命ではない。
国内でも悲惨な事件は起こるし業界の腐敗やら何やらが耳に入ってくる。

こういうくらいニュースをいったん調べ出すと、何故だか色々とリンクを踏んでそういう悲惨な情報を仕入れてしまう。見る度に、正直不快な感触に掴まれるのに、閲覧を中々止められない。
胸の中で何かが腐るような気持ちになって、部屋の窓の外に様々な悲惨な光景を浮かべて虚しくなって、何も楽しくないはずなのに、時々そういうことばかり繰り返してしまう時がある。

あなたがアフリカの悲惨な写真を見て、純粋な気持ちで募金したお金で給付されるはずの食料などの救援物資が、当該地域で強奪されたり、抗争の引き金になっていたりする世界。お金をあげたら武器を買う。教育は敵愾心と裏表の集団的自尊心の育成にばかり使われる。
いったいどうしろと言うんだ?外的に絶望的な気分になる(ただでさえ内的にも憂鬱エブリデイなのに)。

私たちに何ができるのだろう?一体何ができるというのだろう?頭痛がする。

おまけ1
450px-Rwanda_genocide_wanted_poster_2-20-03.jpg
ルワンダのジェノサイドの実行犯の指名手配のポスター。スーツで虐殺ってのもまた恐ろしい。
一種のかなり気味が悪いクールさがここにはある。

おまけ2
ウィキペディア流のジョークか?情報が無さ過ぎるほどの、無法。首都?国が無いのに。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/384-f2941b30
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。