--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Neil Youngがオルタナのゴッドファーザーである証拠『The Bridge』

2008年09月08日 06:09

Neil Youngのトリビュートはなんか数枚はあるらしいが、大概はカントリーチックな歌もの曲をオシャレに歌う「だけ」の詰まらんやつだろうきっと(私が年取ったらそういうのを「いい!」と言ってたりして)。
で、とりあえずこれから紹介するCDは、そういった大人しいものとは全く違う、ロック然としたNeilの側面を扱ったトリビュートなのである。原曲を超える、または原曲に無い面白みを付属させる、そしてアホみたいに原曲をぶっ壊す、そんなトリビュートらしいおバカな仕上がり(当時Neil本人が嫌がったほど(笑))で満足です。
The Bridge: A Tribute to Neil YoungThe Bridge: A Tribute to Neil Young
(1989/07/28)
Various Artists

商品詳細を見る

まあ、参加アーティストが普通に凄い。The Flaming LipsにPixiesにSonic YouthにDinosaur Jr(あと全然好きじゃないけどNick Caveとかあとその他)と、USオルタナ/インディの名だたるメンツが、思い思いにNeilの曲にハサミを入れている。

ベストトラックはSonic YouthかPixiesかで揺れる。この二曲ははっきり言って原曲を超えてる(まあSonic Youthの方は原曲がトホホな出来だからなあ)。それぞれの持ち味を最大限に生かして、もはや自分の曲みたいになっていて良い。Neilっぽさが希薄というよりは、この二者がNeilのキャラクターをよく消化していると言った方が正しいか。

Sonic Youthがカバーした曲は『Computer Age』。迷盤と名高い『Trans』からの選曲という、まさかの選曲。この『Trans』がなぜ迷盤かと言うと、Neilがボコーダーを多用して、新しいサウンドに挑戦したアルバムなのだが、その出来はなかなかに残念だ。テクノとも言えないし、典型的80'sサウンドともどこかずれている(Neilのソングライティング的個性によるものと思われ)。曲自体はなかなかでも、その変なアレンジによって良くも悪くもキワモノ揃いな一枚となってしまった。
Sonic Youthが選んだ曲はその中の二曲目。原曲の奇妙なボコーダーやエフェクトはもちろん全部カットし、そして曲にSonic Youth的勢いと狂気を大量注入。ってかもはやリフと歌メロを引用して自作曲に載せたぐらいの勢い。丁度『Daydream Nation』くらいの時期なので、その頃らしい勢いと攻撃性に満ちたアレンジとなって、かなり鋭いサウンド。ってか、この時期のSonic Youthの曲の中でもかなり上位に入る出来じゃないか?Neilの曲の再評価と自身の作品の充実という、双方にとって美味しいカバー。この後一緒にライブ回るしね。

Pixiesがカバーしたのは『Winterlong』という曲。この曲も特別な説明を要する曲で、Neilの70年代に出たベスト盤に収録された、いわゆる『レア・未発表曲』的な扱いの曲。名曲多いNeilの曲群からあえてこれを選択するセンスと、その絶妙なハマり具合が素晴らしい。
原曲はNeilらしいゆったりとした、割と陽性なロックソングだけど、Pixiesはこれをいくらかテンポアップ、ってか『Wave Of Mutilation』とかのテンポまで引き上げ、そしてPixiesらしいギターアレンジと、デブとキムの混成コーラスで、割とあっさり目に仕上げているが、これはまたもう普通にPixiesの曲だろ(笑)。段々盛り上がる展開や、ブレイクの仕方、そしてコーラスの掛け合いなど、Pixiesの美味しいところを惜しみなくつぎ込み、そして原曲の絶妙なポップさをまた絶妙に活かしたナンバー。これもPixiesの歴史の中でも5本の指に入る名曲なんじゃないか?

で、The Flaming Lipsはまだこの頃はキャラを確立しきってはいない頃だから、今カバーしたらもっといいものが出来上がるだろうなあとは思う、けど十分にいいカバー。イントロの意味不明に元気のいいドラムから、ふにゃふにゃギターポップと化した『After The Goldrush』を、とても「らしい」拍子外れな感じで歌う。独特のサイケ感はこの頃からもうあったんだなあと思った。

で、原曲を知ってると爆笑できるのがDinosaur Jrのカバーした『Lotta Love』。原曲は『Comes A Time』というカントリー全開なアルバムの中でもとりわけクールで大人っぽい曲なのだが、そんな面影は全く残ってない(笑)。
元々ダイナソーは、「ふらふらしながらも実はしっかりした歌心を持ち、サウンドも攻撃性がある」などと、Neilと作風が似ていることが当時からかなり指摘されていて、それに嫌気がさした彼らは、友達を連れてきてゲストボーカルとして採用、で、適当に歌わせてできたのがコレ。『Don't』はマジだからかっこいいけど、これはアホとかっこいいのスレスレのところだろうなあ……。以下当人たちのコメントらしいです。
J「みんな僕たちをNeil Youngみたいなサウンドだって思ってるから、僕の友達に歌ってもらった」
Murph「そしたら彼は全然歌えなかったんだよ(笑)」
つまり、そういう出来なのだ。ギターも声もうるっせえしアホ全開。まあ、面白いしバカだしで最高ではあるし、ダイナソーっぽいと言えばそれまでだけど。真っ当なカバーも聴いてみたくはある。世の中に溢れる、原曲から寸分もはみ出さない、上手なカラオケに毛が生えたくらいの「優等生カバー」に対する壮絶な皮肉なのか!?とか考えても、こいつらのことだから絶対そこまで考えてないだろうし考えるだけ無駄だなあと思うと、何か楽しい。

あとはまあ、いかにもって感じの大人っぽいカバーから実験的なカバーまで色々揃っていて、普通に聴くだけで、原曲をよく知っている身としては非常に面白いです。あ、Nick Caveの『Helpless』のカバーは最悪。なんか権威がかっていて、コーラスとかも厳かすぎて、Neil的荒み感が感じられん。ってかカッコつけすぎたDavid Bowieみたいになってるし。


まあ、全体としてみれば非常に楽しめたし、買ったお金(ヤフオクで1000円くらい)に見合った価値は軽くあったし、いい買い物をしました。Sonic YouthとPixies好きは、カバーとかNeilとか関係なしにマジで必聴ものだと思います。

個人的には、コレにPavementもいたら完璧すぎるなあと。まあ、時期的にまだ1stリリースくらいだから厳しいか。もしカバーしていたら、ダイナソーを超える珍カバーをしてNeilがキレるかもしんない。
スポンサーサイト


コメント

  1. | URL | -

    tyfk

    Winterlongは普通にピザが書いた曲だと思ってました

  2. よしとも | URL | -

    何でここまでよくハマってるのかわからんが、それだけハゲ(当時はまだ髪がある!)が自分のキャラクターをよく理解しつつ選曲したということだろう。
    もの凄い選曲センスだ。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/380-4811c917
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。