--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノを弾くテディベア

2008年08月29日 20:20

くるり『さよならリグレット』のPV。いつの間に。

普通に曲もいいのですが、やはりピアノが肝かと。『ワルツを踊れ』とはまた違った独自のクラシックの解釈する三柴理のピアノが、圧倒的に曲を左右している。この独特の転がり方をするピアノはやはり素敵です。イントロのメロディに筋少・特撮の香りがしないでもないです。

特撮の『サンフランシスコ』。三柴理の圧倒的なピアノが聴けます。こういった狂気じみたのが持ち味だと思うので、そういう曲がくるりで聴けたらいいなあと思います。
どの雑誌でも岸田がスランプだって言ってて、やや不安はありますが。

しかし凄い弾き様。これだけピアノが弾けたら楽しいだろうなあ。
多分この人一人のために一枚アルバムを作ることも可能だよなあ。

とりあえず『さよならリグレット』はきっちり4曲入ってるのが嬉しいシングルなので、買う予定。
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/377-9b1982a5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。