--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フリージア』

2008年04月03日 11:03

フリージア

フリージア

1.フリージア

ARTの全楽曲の中でも、その神々しさは一番か。優しさあふれるミドルテンポ曲。ボーカルのメロディが既聴感があったりするけど、ギターや木琴が絡むアレンジが大変美しく、ギターのフレーズがメロウで、そしてドラムのブロークンな8ビートが頼もしすぎる。遂に音で天使の行きかう光景を絵にできたなあという感じ。静と動がはっきりしながらも、両方が同じ方を向いて奇麗な世界観を構築する。そしてA-B-A-B-C(!)-B-Aという曲構成。多分こういうラスト前に個別のメロディを置く曲構成をする曲は彼らの作品では初のはず。このCメロの高揚の後の静寂から優しく、だんだん盛り上がっていくところが素晴らしい。あと木琴の活躍とかも。本当に絵になる曲だなあ。第二期のこういう大曲系の中では一、二を争う出来だと思う。あとPVが秀逸wwwリズム隊の二人演技上手すぎるwwwナチュラルすぎるwww

2.光と身体

上の曲と一、二を争ってるのがこの曲wいやあこれまた凄い。イントロのギターの感じが凄くGRAPEVINEしてる。タイトルなんかも凄くそれっぽい感じ。バイン初期の『スロウ』『望みの彼方』とかに近い世界観。つまり名曲。どっしりとした憂鬱めなメロディがサビで一気に飛翔する部分がかっこいい。飛んでるんだか落ちてるんだか分らないこの高揚感!一、二弦の開放弦を使ったギターの響きが切なく美しい。そしてサビの前にブリッヂが入る曲構成。なんだこういうのも書けるんじゃん!と嬉しくなる。多分M1とM2どっちでもシングルのA面にできたと思う。冷え冷えとしている場所で光を探すような。後ろ向きながら前向きでちょっと頼もしい歌詞も良い。

3.キカ

前曲から繋がったまま始まる、ARTにおいて初の「戸高」作詞作曲ボーカルの曲。世界観はARTに合わせてあるが、やはり木下とは違った趣がある。まあ木下曲はメロディ的にクセが強いからなあ。この曲自体はシガーロス的なゆったりポップ。透明で瑞々しいギターの音とアコギ、そしてキーボードの音が良く絡まっている。そして歌が木下より上手い!?まあ木下の方が味はあるし戸高はライブでの安定感に欠けるらしいんだけど。しっかりと曲を支える機械的なドラムがかっこいい。しかし長いなあ。こういう曲調なら仕方がないか。

4.LOVERS LOVER

ラストはシングル中で最も以前の木下らしい曲構成のミディアムテンポ曲。何かミディアムテンポばっかりだなあ。イントロの深いコーラスがかかったギターのフレーズからドラムが炸裂して一気に世界が広がっていくのが美しい。これも『光と身体』にも通じるいい感じに冷めたコード進行が美しい。ドラムのハイハット連打がやたらかっこいい。そしてギターのフレーズがいちいち切れ味があって良い。ディストーションに頼らずに、浮遊感のある「奇麗な」轟音を作るのが本当にうまくなったと思う。あっさりとしたサビもそのまま間奏やアウトロの演奏にスムーズに繋がっていいと思う。頑張りまくっているドラムが途切れてコードストロークと歌だけ残るところが、定番といえども否応無しにかっこいい。


第二期最初のフルアルバムを作った後結構すぐに出たシングル。頭から三曲が5分台で、最後の曲も4分台の曲なため、シングルの癖にトータルタイムはミニアルバム並。平均演奏時間が最も長い彼らの音源は間違いなくこれ。前作までが「アレンジによる」既存のARTの世界観の見直し作業だったとしたら、このシングルはさらに根本的に彼らの曲のあり方を見直すものだった。木下作曲の不文律だったA-B繰り返しの構成を冒頭の二曲で崩していき、更には木下以外の楽曲を投入して、ここに来て初期ARTっぽさはほぼ消滅した。ギターの音はより水っぽさを増し、ドラムは緊張感の演出をさらに推し進め、楽曲は良く練り込まれ、アレンジの仕方が大きく変わった。ここから間は空くけれど、次のアルバム『Flora』の世界観に早くも急接近している。

四曲とも妙に質が高いので、第二期の路線が気に入らない人でもある程度認めてしまわざるを得ないクオリティだと思う。あと、エロと美しさが極端だった『PARADISE LOST』期に比べて、歌詞がより現実志向というか、エロと美しさを駄目な現実でとかしたような歌詞は結構好き。曲が美しくなるのと比例して、いい感じにやさぐれてきていた。大好きなシングルで、完成度は彼らの作品中でも相当高いと思います。まあジャケットで損している気はする。なんぞこれええええ!?

D

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/301-3feef715
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。