--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名代ラーメン亭(なだいらーめんてい)

2008年03月22日 09:44

福岡市在住の人ならその三割くらいは「名代ラーメン亭」というラーメン屋を知っているはずだ。天神ビブレや博多駅バスセンターの地下なんかにある、福岡市内には星の数ほどあるだろうラーメン屋の一つだ。

結論から言うとここは好きだ。確かに味なら一風堂の方がよっぽど美味しい。それこそ名代ラーメン亭以上においしいとされるお店なんて市内にも幾らでもあるだろう。


この店、決して飛びぬけて美味しいわけでもない(いやでも普通に美味しいんですけどね)ラーメン屋がしかし結構人気があるのは、その素晴らしい値段設定にある。安いのだ。ラーメン一杯400円なのだ。


「それより安い店とか幾らでもあるぜ~この知ったかぶり~!」と思うかもしれない。だけどひとつ大事なことがある。実はこの店紅ショウガと辛子高菜が入れ放題なのだ。特に高菜は店によってはトッピングとしてお金をとったりすることもあり、その量も物足りなさを感じたりすることから、この入れ放題というのは嬉しい。


しかしこの辛子高菜、なかなかの曲者だ。入っている箱の中をのぞいてみると、やたら赤い。黄緑色に混じって赤色がやたらチラつく。そう、ここの辛子高菜は激辛なのだ。スーパーとかで売っている辛子高菜の数倍辛い。唐辛子がよくしみ込んだそれは、少しラーメンに入れるだけでラーメンの色が変化し始めるほどで、ネギと同じ量くらい入れるとスープの色は一変し、ハムのようなピンク色を呈してくる。私のような高菜患い(実は大好きです……高菜(ジャガーに非ず))にもなるとそれはもう原型を残していないほど赤く染まったスープが後に残る。


実は私、このクソ辛い辛子高菜が大好きなのだ。この前も一杯目の後半でどかっと入れ、替え玉を注文して来るまでの間に入れて食べて、替え玉が来たらまた入れて、最後の方はあまりの辛さにむせ返りそうになりながら、マゾな気分になったりして完食した。いやあこの高菜素晴らしい。持って帰って家のご飯に載せて食べたいくらい好き。タッパーを持参しようか……?


という訳で、かなりコストパフォーマンスのいいラーメンだが、セットがさらに安い。チャーハンとラーメンのセットで600円切り、カレーセットは650円、一風堂でラーメン一杯食う値段でラーメンと餃子とチャーハンが食えたはず。そして紅ショウガと辛子高菜。素晴らしい、素晴らしい。


あと、やたら注文してから直ぐにラーメンが出てくる。そのあまりの速さに初めは驚いた。うどん屋の小麦屋(こっちは更に気が違えてるとしか思えない安さと速さ!)といい、安さと速さは両立しやすいのでしょうか?


あと、チャンポンもおいしいらしい。チャンポンはまだ食べたことが無いので、また今度。

私は、頑張った自分へのご褒美(笑)で時々ここに来ます。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/290-f7727ae5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。