--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SONIC DEAD KIDS』

2008年03月06日 06:45

色々とむしゃくしゃするので、ここは一つトチ狂おうと思う。

方法はARTの全CD全曲レビュー。

下手したらこのブログ見ている誰も得をしないなあこの企画。自慰か。

SONIC DEAD KIDS

SONIC DEAD KIDS

  • アーティスト: ART-SCHOOL
  • 出版社/メーカー: UK.PROJECT
  • 発売日: 2000/09/08
  • メディア: CD

これ以前の音源もあるんだろうが入手困難です。そこまでする気ないです正直。


1.FIONA APPLE GIRL

いきなり聞こえづらいベースで始まる。ボーカルはかなり無気力気味。素なのかどうかは分からん。メロディはまさに第1期ARTって感じ。そんなにいい曲でもない気がするが私が観たライブでもやってた。

2.NEGATIVE

いきなり勢い良くなってびっくり。音質もなんか良くなったような錯覚に陥る。歌がなんか可愛らしい。まだ叫びが弱いのが原因か。ARTの疾走曲の中でもかなりポップな方と思われ。後のライブ盤の方が良い仕上がりだと思う。

3.MARCHEN

やたらおとなしい曲。本当にこのときの彼らがローファイ志向だったとしたら、その目論見が一番成功しているのはこの曲では?激しいノイズギターなどは入らず、ゆったりとしたアルペジオに沿って曲が進む。終盤の展開がかっこいい。ドラムが程よくしょぼくて生々しくてよい。

4.斜陽

ファンの中では大人気のこの曲。確かにメロディはいいしポップで纏まりがいいけど、やはり音がしょぼすぎる。これもやはり後のライブ盤の方が良いか。歌詞が好き。寂しさはあるが後の冷たさみたいなのは希薄。しょぼい声がよく合う。

5.汚れた血

再録しろ。間違いなくこのアルバムで一番いい曲で、しかもひょっとしたら彼らの中で一番スケールの大きい曲。ライブで見たこれは本当にかっこよかった。すごくいい意味でアマチュアっぽいインプロもどきが光る後半部分を冗長と思うかどうかで評価が分かれる。変調後のエモ的カオス展開が肝。凄く映像的な音だと思う。しょぼいのに。これも歌詞が好き。音がしょぼいのが本当に悔やまれる。本当に再録してほしい。

6.SUNDY DRIVER

「ああ、ニルヴァーナね」って感じ。かなりポップだけど。「Do You Kiss Me?」の発音で失笑。やはり叫びにまだ力が無いのと、音がしょぼいのが悔やまれる。曲自体は「らし過ぎ」て、かえって好き。


彼らのデビュー盤。音質が酷いことを「ペイヴメントの1stを意識した」なんて言って正当化するのはどうか。というかあれよりも酷くないか?ボーカルは本当に弱々しすぎて、まだ切迫感とかは感じられない。声が今よりずっと高い。なんというか、「よくこれで人気出たな」レベルの音や演奏な気がする。所々ツボを抑えた作曲・アレンジはこの頃から光ってるけど。歌詞に関しては文学・映画作品からの引用たっぷり。にやにやするなり、「こいつ分ってねえな~」するなり色々しましょう。でも結構好き。

あまりに音がしょぼすぎてこのアルバムからプレイリストに曲を引っ張っていきにくいのが一番の悩み。




どうせだから後で2ちゃんの全曲レビュースレにでも張ろうかなあこれ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/272-34711766
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。