--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レディオヘッドがどうのこうの

2007年12月26日 11:16

なんで『In Rainbow』二枚目が入ってないんだああもうボックス売ってねええええええwwww


悔しいのでトム他が恥ずかしい感じの動画を張る。

D

トムやりたい放題wwwプールwww「楽器は大事にしよう」論者涙目wwwww



逆にいえば、こんな連中が『OK Computer』とか『Kid A』とか作ったって考えたらある種奇跡だなあ。




追記:いろいろあって、どうにか手に入れました『In Rainbows』CD2。これまた素晴らしい。

二曲もある『MK1,2』はよくわかりませんが、でも所々にほかの曲の断片が混じっていて雰囲気は良い。

『Down Is The New Up』、これが『In Rainbows』の曲群の中で最も『Paranoid Android』や『Pyramid Song』、『There There』なんかに近いポジションの曲ではないかと思われ。つまり、方法論上で攻撃的な大作シングルって感じの曲。何でこれを彼らがCD1に入れなかったかといえば、それはこの曲自体が不穏すぎるからだと思う。『In Rainbows』CD1はどちらかといえば穏やかな雰囲気のアルバムで、激し目の『Bodysnatchers』も、不穏というよりは破滅的な疾走感が先行している感じで、これまでの作品と比べてすっきりしている。『Down Is~』は少なくともそういうすっきりした曲じゃない。

でもシングル一枚切るなら私ならこれ切っちゃうかもな。『Jigsaw Falling Into Place』がシングルっていうのはちょっと意外だった。アルバムの全貌が明かされる前は『Down Is~』か『Weird Fishes/Arpeggi』か『Bodysnatchers』あたりをシングルにするだろうと予想してた。ちなみにシングル『Jigsaw~』のカップリングに『Down Is~』のライブテイクが収録されているそう。どっちかといえば『Jigsaw~』のギター全開のライブテイクの方が聴きたいなああと『Videotape』もライブ版の方が一曲としては好きだなあ(でもアルバム全体で見たらアルバムテイクも悪くないなあ)。

で、『Bangers + Mash』が今回一番のアホ曲、愛すべきアホ曲。CD1でも散々壊れ気味だったトムのボーカルがおバカで痛快なほど冴えわたる怪曲。ギターもドラムもやたら重めで(ライブでは突如トムがドラムを叩き出すわろす)、いい意味でらしくないジャンク感があふれたいい曲。これもまあCD1の雰囲気にはまったく馴染みそうにないかも。

あとの四曲は純粋にCD1のアウトテイクって感じの雰囲気かも。クオリティはなかなか。どれもデジタル色はかなり薄まり、まったりしっとりしたピアノやらギターやらの音がやさしいです。壮大なイントロが収束していく『4 Minute Warning』が好きです。

これだけの良い曲実質六曲が今のところBoxセット購入者のみというのは正直妬ましいほど。六曲中二曲が『Jigsaw~』のシングルにライブテイクで収録されているらしいので、一般販売の方ではそうやって補完していくつもりかなあ。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/217-4dc91342
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。