--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドルフに告ぐ/ 手塚治虫

2007年11月23日 11:27

アドルフに告ぐ (1) (手塚治虫漫画全集 (372))

アドルフに告ぐ (1) (手塚治虫漫画全集 (372))

いやー面白かった!手塚治虫は勿論多彩なアイディアと作風で漫画貝を開拓した奇跡の人物であるが、その一方で年密なプロットをもった長編作品も書ける、ほんとうに万能な作家であったことがこの作品で分かる。第二次世界大戦期の世界観の描き方も、それぞれの国の人間のことも、そういった枠を超えた個人の感情も、見事に書ききっている。ちょっと人物関係が都合よすぎる嫌いもあるが、それでもこの作品の構成の素晴らしさはこと現代においても抜きん出ているものがある。

ネタバレしちゃうとあれですけど、あらすじとしては「ヒトラーの出生の秘密を巡って、ヒトラー含む三人のアドルフを軸に展開する群像劇」です。漫画や小説、映画なんかの場合、説明のしすぎはネタバレになるしどうしたものかなあとは思いますが、とりあえずこの本当に粗いあらすじに魅力を感じた人は読んで後悔はしないはず。

しかしどいつもこいつもレイプばっかりしやがって。画風もかなり劇画チックな部分が入っている。そもそも『週刊文春』に連載されていたという時点で彼の作品中でも異質な作品だと言える(まあ手塚治虫自体が様々な雑誌に出没する、漫画の歴史の中でも非常にまれな存在ではあるが)。『奇子』とかと並ぶ、かなり「大人」でブラックな手塚治虫と言った感じ。読み始めたら最後、最後の結末にたどり着くまでぐいぐい引っ張られ続けることでしょう。


あと、演奏機材のシールド一式をベルデン製にしたり、家用のアンプを買ったり(voxのPathfinder10)、しかもそれがやたら忙しくって全然弾けなかったりで、出費が凄いですがそれを全然満喫できません。課題漬けで死にそうさ!窒息しそうだ!Fallin,fallin,fallin...誰か結構マジで助けてぇ!あと髪もやたら抜けるし……。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/201-e0b88f1e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。