--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電気羊の夢を見たい

2007年09月14日 00:00

天神蔦屋が遂に半額サービスを始めたもんだから、CD借りまくりな私です。一日七枚と限度を決めて四日間当日返却で頑張ったんです。今日でそれも終わり。ありがとう蔦屋、誰がわざわざオンラインクーポン券を本当に紙にコピーして持ってくると思ってるんだろう。



そうでなくとも最近CD借りすぎてもう何がなんだか良く分からないのですが、その中で一聴して良かった、引っかかったものをなんとなくセレクト。


・Zombie Worm /Dinosaur Jr

『Just Like Heaven』一曲のためだけにレンタル。このCDはダイナソーのグリーンマインドより前のベスト盤なんで、『wagon』とか入ってないんですが、そのグリーンマインド前のアルバム三枚中二枚持ってるので。で、再発盤なら2nd『You're Living All Over Me』のボートラで『Just Like~』が入ってるはずなんですが、私が買ったのはどうやら古い盤らしく、再発版の『Bug』と合わせて『Show Me The Way』がダブってしまってました。ムカつく。

でも、彼らの1stは持ってなかったので、その曲も聴けたからいいかなあと思います。そして見事な金太郎飴っぷり。でも物凄く格好よいから問題なし。


・Everybody Knows This Is Nowhere /Neil Young

ニールヤングの曲に漂う寂寥感は一体何なんでしょうか?このアルバムはCrazy Horseと初めて共演したアルバムで、そろ初のアルバムから四ヶ月(!!!)で作ったらしい名盤。この次が『After The Goldrush』なんで、きっとこの頃は本当に全盛期だったんでしょう(もっとも、彼も何度かピークがあるんですけど)。そのバンドの緊張感たるや凄い。ギターとか、バカテクで弾きまくってるとかそんなんじゃなくて、激しいのに非常に寂しい響きのするリフやフレーズが飛び交います。やたら長い『Down By The River』『Cowgirl In The Sand』(この頃の彼の曲はタイトルも格好良い!)で聴けるギタープレイは、流石に勿論まだグランジ化はしてませんが、それでもあの「何やっても冴えないで十代終わっちまったぜ」的な感じが強く出ているので、やっぱりゴッドファーザーなんだなあと思います。時代なのか、60's的なトレモロのかかったくすんだギターの音は適度に乾燥していて心をゆすります。そしてあの声。やっぱりあの声はずるい。要するに、トムヨークとかベンジーとか木下理樹とかああいう細くて泣きじゃくる声の元祖であり、サーストンムーアやJマスキスやスティーブンマルクマスとかああいうやる気の漲らないように聞こえる声の元祖でもあるわけです。本当かなあ。まあともかくいい声なんです。ずるい!


・Flowers /The Rolling Stones

本当はUK盤の『Aftermath』が欲しかったんですけど、蔦屋にはUS盤しかないので、こっちを借りました。要するに60年代中期のストーンズのベスト番的内容。この頃のストーンズはなんというか、非常にブリティッシュで、誤解を恐れずに言えばオシャレです。サウンドもビートルズやキンクス南下とそんなに変わらない感じがしなくも無いというか、そういうのが好きな人なら杉だろうってサウンド。私はベガーズ以降の「ストーンズ的ブルースロック」っていう感じの、あれがどうも完全には好きになれないんです。なんか野暮ったい。似たサウンドでもニールヤングにはしっかりと寂しさがあるのに、ストーンズはなんだか逞しさというか、ワイルドさというか、マッチョさというか、そういうのが出てきてしまって、なんか苦手な時があったり。で、この60's中期の頃はもうめっちゃポップで、コロコロ転がりまわるピアノやら、マリンバとかシタールとかやら色んな楽器が入ってるらしいんですが、それが曲に良くなじんでいるのがいいです。そしてミックジャガーの声はメロウな歌にちょっとしたスパイスとしての存在感が抜群です。だってあの声でワイルドなロックしたら意外性もクソも無い。この頃のミックのボーカルはキャリア中でもっともクールだと思います。ストロークスの1stとか、この頃のストーンズ的なクールなポップさを引用してるんじゃないかなあとか思ったり。どっちもクールさと力の抜けたシャウトの使い分けが素敵。


・The Rising Tide /Sunny Day Real Estate

これを見つけたのが今回の蔦屋周りで一番嬉しかった瞬間でした。初めて聴いたんですけどね彼らのCD。いい声~かっけえええ!そしてオルタナ寄りなエモさ。デスキャブみたいな感情を抑えて美しさで訴えるエモも最高ですが、こういうのも大好きです。まだ全然聴いてないので、これからCD集めるのが凄く愉しみ。うん、これは集めよう!タワレコでお金を落とす必要がまた一つ。非常に曲線的なエモで良い。なんかぐるんぐるんして歪んでるギターがもう、これって感じ。エモって、綺麗な部分と激しい部分がはっきりとしてる曲がやっぱり多くて、その王道的なパターンって大体もう出尽くしてると思うんです。彼らはその中でとても素晴らしい美しさと激しさのバランスを持ってらっしゃる。いや、まだこれ一枚しか聴いてないんですが。歌メロが怪しくひねくれてるのがいいんでしょうね。それとギターのぐるんぐるんが合わさって、しかもメロウでキャッチー。既に解散してるのがあれですが、また新しい「CD集めたいアーティスト」を見つけて私は嬉しいです。


もうなんかあれですけど、デスキャブとこれがあったらもしかしてエモはもういいかも。






これから二日連続で夜勤の後、その夜勤の明け方と同じ日から夕勤二連続。しんどい~。






あと、髭(HiGE)の新曲良すぎ。新アルバム名もなんかかっこいい感じで超期待。

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://okazaki5.blog95.fc2.com/tb.php/178-90496509
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。