--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日今の気分で選ぶマイフェイバリットギターソングス

2008年11月29日 02:33

要するに今の気分で、ギターがかっこいいと思う曲を五曲選ぶ企画です。
誰かバトン形式でこういうのしませんか。しませんよね。
一応知り合いの天才っぽいギタリストに捧ぐ。ドラムで使ったりしてごめんね。



まず一つ。Bloc Party『I Still Remember』
「ポストロックを通過したシューゲ」を通過したような、絶妙のキラキラ感。鋭くも優しい轟音が大変気持ちいい。この曲に関してはそういった要素がギターポップとかなり絶妙に合わさっていると思う。21世紀のギターポップって感じ。後期スーパーカーなんかにも繋がりそうな雰囲気。そして最近のアートスクールの一番の元ネタも彼ら。

私は2nd>1st派。3rdはアレンジが先行し過ぎて曲が今ひとつな感じがするのが残念。
結局2000年代イギリスデビュー組ではリバティーンズを除けば一番好きなバンドになるかな。



二つ目。Sonic Youth『Rain on Tin』
熟練中の熟練って感じ。ジムオルークも入っちゃってるし。
この曲自体は彼らにとっての幾つか目の『Marquee Moon』って感じの曲。いやあ素晴らしい。
いくつかの反復フレーズを弾くギターの移行を中心に曲全体がうねり、次々に変化していく。こういう動画を見ていると、スティーヴ・シェリーってかなりいいドラマーだよなあと思う。
ギターの絡み方が美しすぎ。かなりうねうねとして神経質で気味悪いフレーズのはずなのに、優しさすら感じる。

こっちも格好良すぎたので思わず数を超過して張ってしまう。Sonic Youth『New Hampshire』
私は『Sonic Nurse』の中ではこの曲が一番好き。そしてこの動画はSonic Youthの魅力に溢れ過ぎている。冒頭から全く自重しない中年達が大暴れ。リー(笑)。いいなあ、凄く理想的なバンドだと思う。

新作がマタドールレーベルからってのはこれ、期待していいんですかね。いい年こいたおっさん達の新譜に凄く期待しています。



三つ目。Yo La Tengo『Today is the Day』
アメリカではテレビでこんなギター弾いてもいいのかよ!?
非常にシンプルな曲ながら盛り上がれるツボはしっかりと抑えてある。そして曲調が変わってからは至福の瞬間の連続。アイラさんマジキメエ。私にとって理想的なギターの弾き方。まるでノイズに取り憑かれたかのような弾き様。しかしそれでいて曲の構造を破壊しない、というか曲自体がシンプルながらしっかりしているから、その分ノイズが好き勝手に暴れることが出来る。素晴らしすぎる3ピース。



四つ目。レディへ挙げようと思ったけどやっぱやめて代わりにこっち。Death Cab For Cutie『Transatlanticism』
前半は静かに、後半は雄大にピアノと絡むギターがひたすら美しい。シンプルなのに美しい。まあ曲自体の良さも相当なもんだけど。デスキャブは個人的には今のアメリカで唯一レディへに敵うだけのスケール感を持つことが出来ているバンドだと思います。いやまあかなり見落としはあるんで他にも色々あるんでしょうが。ギターやらピアノやらのアレンジセンスがレディへに、まあ似てはいないけど、同じくらいの世界観の広がりは感じる。サマソニは行くべきだったか。



結局最後はこれ。前にも二回くらい張ったよなあ。ゆらゆら帝国『無い!!!』
総合的に考えれば、坂本さんが日本でも有数のギタリストであることは疑いようが無い。こんなに曲が書けて、アレンジセンスがずば抜けていて、そしてその時に荒唐無稽なアイディアを悉く実現させる演奏力にはもう脱帽を通り越した何かを感じずにいられません。なんでこんなフレーズ弾きながら歌えるんだろう。そしてなんて気持ちのいい轟音なんだろう。イメージに富んだフレーズを幾つも幾つも重ねて、どんどん高見に上がっていくこの曲が私は本当に大好きです。



こうやって見ていくと、どうやら今の私は「世界が広がっていく」系のギターが好きみたいです。
確かに最近はクラブレベルのロックンロールがちょっと苦手だなあ。最近リバティーンズですらあまり聴いてないし。でもリバティーンズはあれはあれで世界観の広がりを感じるんだよなあ。

苦手なギターは、「半径数メートルくらいの落ち着きに満ちていて、ヘッドフォンを通じて世界が広がるようなイメージを与えてくれない、半端なぬくもりや半端なエンターテイメントしか与えてくれないギター」です。なんだかよく分からないな。下手なギターでもイメージに溢れていればオーケーです。バーナード・サムナーとか。
スポンサーサイト

三日目 結構これ書くのって面倒くさい

2008年11月27日 01:04

こういう感想系はしばしば書くが、内容はそれなりに頑張っているつもりなのに全然コメントがつかなくて、「素直」に「シンプル」に書いた他の人の日記の方がよっぽどコメントがつくのが辛い。

結局は私もコメント乞食。


[ 続きを読む ]

二日目 僕ちゃんもう眠いの

2008年11月26日 05:46

[ 続きを読む ]

たまには身の回りのことを書いてみる 一日目

2008年11月26日 04:33

九州の某国立大学の学園祭がありまして、その大学の学生であり、その大学のとある軽音サークルに所属している私も色々と頑張ったり思うことが有ったりしたのです。本当なら吐き捨て場の方で書くつもりでしたが、まあたまにはこっちで。

[ 続きを読む ]

最近のジャンプは評価されていい

2008年11月19日 07:57

私はコンビニで日曜の夜勤をしているのですが、そのおかげで月曜の朝一番に来るジャンプを読むことが出来るのです。
このバイトの職権の中でもとりわけ嬉しいものの一つ。
福岡市内で(本屋関係の人や金曜にジャンプが出るお店やそれを知っている人を除いて)最初にジャンプを読める人の一人が私なのです。


そんな私が思うに、最近のジャンプは結構面白いのではないか。

とりあえず私が読んでいるジャンプの漫画↓
ワンピース
ハンター
銀魂
トリコ
バクマン
ネウロ
スケット
ジャガー
いぬまる

何気に結構読んでた。

ワンピースはCP9編が終わって以降の、長大な伏線を回収し始めた時期から展開のスピードも若干上がり調子がいいですが、しばらく前の「昔の敵がなんかいい奴として登場(ナミがあっさり許し過ぎなのが逆に面白かった。むしろタコだからああいうことやこういうあらあら……)→ルーキーたち次々登場→まさかの海賊王の右腕登場→反則っぽい能力を持った海軍の偉い奴登場→全滅」の流れは、これまでのワンピースの中でもとりわけ緊張感と伏線回収の喜びに満ちた素晴らしい展開でした。
最近もなんか上手く、減速すること無く、ルフィのパワーアップと伏線回収とユーモアを並べた展開は、謎解き的にも世界観的にも面白いです。ただ、海軍本部に行ったらまたバトルが長くなるのかなあ。

ハンターハンター、今回の10週はなんか話遅いなタコとか正直どうでもいいよってかユピーに話裂き過ぎじゃねえ、とか思ってたんですが、今週の話でやっと展開した気がします。ユピーがなんか最終形態っぽい禍々しくも洗練されたデザインになり(レベルEあたりで全快だった冨樫センスが垣間見えるデザイン!)、そしてその圧倒的強さの「終わり」も見えてきました。そして、今ジャンプで最も非道な主人公・ゴンに話が移って、こちらサイドの緊張感が半端無いです。図らずも、ピトーだけでなくププの足止めをしているこの展開は何気に凄い。こう、敵キャラの葛藤を書かせたら冨樫に敵う奴はそうそう居ないなあってのをまた見せつけられた感じ。

銀魂は最近またギャグやどうでもいい話ばかりで、やっぱりこういう話の方が面白い。

トリコは最近読み始めたからストーリーはよく分からないのですが、敵の非道さや獣たちの描写、そして最近のジャンプでは久しく見なかった、ワイルド筋肉系主人公という話の具合がレトロスペクティブな少年漫画って感じで良いです。

バクマンは正直リア充サイドな主人公たちよりも、編集の人の話や、あと典型的な変人系天才として書かれる新妻エイジの方に惹かれます。

スケットダンスは、なんというか、銀魂と被ってる感じの面白さだよねえ、と思うんですが。まあどっちもかなりグダグダでそこを楽しむみたいなとこは有るんですが。こっちの方がしょうもない、読んでて力抜けるネタが多いか。

ジャガーは当たり外れが大きいです。ワールドカッ笛好きだったけどなー。

いぬまるの人は前作よりも面白くなってるとは思います。でもやっぱり、先週の「バクマン内の台詞にビビる」みたいなネタが一番面白いんだよなあ。


以上はともかく、最近のジャンプはネウロが面白いです。なんというか、ホット!って感じではなく、非常にブラックで、おぞましさに溢れたクールさが絶妙。うしおととらが最終章に入った時と同様の暗いテンション・緊張感・絶望感が良いです。
私の今回言いたいことは大体このサイトの人がここで述べています。いやあ相変わらず見事な解説で。
久々に、ジャンプ読んでてしんどくなりました。心地よい絶望感。デッサンが狂うほどにヤク中のテンションで暴走した本城博士が最後に見せるあのどうしようもない表情は、どこか藤田和日郎に通ずるものが有ると思うんです。
っていうか、ネウロとうしとらってなんか似てますよね。妖怪を豹変した犯人に置き換えたような。というか、「人の心の弱さによる狂気」を描くという点で二つの作品は共通していると思うんです。ネウロを「00年代的クールさと芸術的理論武装とブラックジョークでアップデートされた21世紀のうしおととら」と読むことが出来ます。

ホント、つい最近まで、なんかバトルの連続だったりヌルい展開だったりして、ああ、もう駄目かとか思ってたのに、最近のそれらの価値が反転するような展開は見事。まあそれでも、もっと短くは出来たような気がしないでもないですが。あとはここからどれだけ感動的に、または無慈悲に展開を収束させることが出来るかに期待したいです。
魔人探偵脳噛ネウロ 13 (13) (ジャンプコミックス)魔人探偵脳噛ネウロ 13 (13) (ジャンプコミックス)
(2007/10/04)
松井 優征

商品詳細を見る

『僕の小規模な生活』2巻

2008年11月16日 06:29

僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)僕の小規模な生活 2 (2) (モーニングKCDX)
(2008/10)
福満 しげゆき

商品詳細を見る

いつの間にか出てたんですね。という訳で購入。
そういえば、『うちの妻ってどうでしょう』はまだ買ってないや。
立ち読みできたから読んだけどやっぱり面白い。
っていうか四コマになってないのかよ。


一巻でモーニングの連載が安定し出した話ぐらいから引き続き、安定しているような不安げなようなそんな生活がだらだらと、半ば垂れ流すかのように綴られています。パーティに呼ばれて、いい具合にチヤホヤされて、ああ、成功したんだなあ、って。そんな中でスルーされるスヌーザーの連載ワロス。時期が違うだけかもしれないけど。結局なんだったんだろうあの連載?

色々接待を受けたりして、iPodもPS3も手に入れて、人生の充実期に入ったようである作者自身のエッセイ漫画が、それでも十分に面白いのは、根本的な作者や妻のキャラがそんなに変わってなくて、むしろ状況の変化に巧く合わさって変な感じに転がっているからだと思います。自分のちょっとした思惑をすぐ「策略」として半ばもてはやしては、その後それに酷く後悔するのを繰り返す作者、そしてやっぱり可愛くて短気な妻。書き方が巧いのも有るが、安定してきた日常のちょっとした出来事も非常に面白く感じます。


世間に日記を書いている人は山ほどいて、それこそその中には福満しげゆき氏みたいに劣等感に満ちあふれた書き手もたくさんいると思います(恥ずかしながら私だってその中に加わりたいのです!)。彼らの日常にもきっと描写次第では色々と面白くなることがあるとは思うんです。基本的に彼らは自分視点からの、自分と状況の間の不条理気味に感じられる不一致感を持っている訳で、そういうのが有るから彼らは状況に飲み込まれまい、あくまで状況を描写することで「別の位置」に立とうとしているのです。

福満氏とそういった人たちを決定的に分けるのが、その描写能力なのです。なんと言っても、福満氏は漫画家なのです。世のひねくれた日記書きのどれほどの人が、「この状況、文章だけよりも絵にして表した方が面白いよな。ってか表してえ。」って思っていることか。福満氏はその「絵による表現」を、妙に緩くしかしサブカル過ぎない具合にデフォルメすることに長けているのです。

また、福満氏は「ガロ的精神」も持ち合わせているのですが、それが行き過ぎていないというか、いい具合にヌルいのも、エッセイ漫画を書くのに向いているのです。世の中のサブカルマンガには、半ば落書きのように描線のズレまくった過激さと勢いに満ちた(下手すればそれだけの)漫画を讃える向きも有れば、ひたすら駄目な生活を描写して読者に非常な不条理さと不快感を与える(そして読者は「こんな不条理こそが社会の現実なんだ!辛い現実から目を背けない自分って賢者!」って思ったり)漫画も有り、また岡崎京子をはじめとするような「明日なき青春の日々の美しさと破綻」を書き続ける作家もいます。こういった「鋭さ」「アウトローさ」「惨めさ」が溢れるサブカル漫画界において、福満氏は圧倒的に「ヌル」くて、それゆえに「ポップ」なのです。実は結構過激な話が多い初期の短編等でも、やっぱり線は緩いし主人公たちの駄目さはどこか可愛らしく書いてあるし。多分この辺のバランス感覚は天然だろうし、それゆえに彼は劣等感人間たちからの「ゆるーい共感」を得ることが出来るのです。

というか、漫画界に限らず、サブカルにはトゥーマッチな表現が多すぎる。極端であることがサブカルだというのなら、私はそんなサブカル要らないです。世間のメジャーとマイナーの間でバランスとって、「私ってカシコイでしょ?社会派でかつ詩的でしょ?」ってするのこそ「いい」(またはずるい)サブカルだと私は信じているのです。そういう意味でいえば、福満氏の立ち位置は、その自虐的・卑屈的視点も含めて、絶妙で「圧倒的にズルい」立場にあると思います。

というか、最早サブカルでもないかな。

私がいいたいのは、極端なサブカルが極端すぎて徹底し過ぎて省いてしまうような、小さな感情の揺れや日常の出来事の中にもユニークでどうしようもないことはたくさん有るという。これからも福満氏がそういうものを書き続けるのなら、私もずっと支持しようと思います。


ちなみに、彼と同じ類の「ヌルさ」でバランスをとれる作家としては、一番代表的なところでは『かってに改蔵』以降の久米田康治が挙げられると思うのです。

シャーロット、僕を焦がして

2008年11月12日 03:57

November 11,2008
At 天神Drum SON
ILLMATIC BABY TOUR 2008
という感じの、ART-SCHOOLのライブに行ってきたのです。
いやあ凄く良かった。


まず開演後一時間ほどトイレタイムの後に準備が始まり、大体8時過ぎてしばらく位から木下達が出てきて始まった。
曲目はこんな感じ。2ちゃんのアートスレから転載。

BROKEN WHITE
夜の子供たち
水の中のナイフ
FADE TO BLACK
エミール
リグレット
DIVA
左ききのキキ
ロリータキルズミー
シャーロット
カノン
I hate myself
斜陽
real love/slow dawn
ILLMATIC BABY
サッドマシーン
UNDER MY SKIN
あと10秒で

君はいま光の中に
BOY MEETS GIRL
SWAN SONG

車輪の下

『シャーロット』!今回のライブでは一番嬉しい選曲か。今回のツアーでこれまではあまり取り上げていないようで、どうせ福岡でもしないんだろうなと思ったらこれだ。凄く嬉しい!しかも立て続けに『カノン』ときた。個人的にはこの辺が凄く嬉しかった。

しかし今日は木下の調子が良かった。一年前に見た時も風邪の割には健闘していたが、今日はそれ以上に気合いが入っている風だった。ともかくシャウトがどれもかっこ良く決まっていたのが良かった。あまり期待していなかった曲でもこうやってライブで聞いたら、その程よい抜け具合のシャウトが大変気持ちよくて良かった。戸高のギターもかなりムチャクチャしながら、アートサウンドを攻撃的かつエモーショナルにアップデートしていて良かったです。『real love/slow dawn』なんかはもう、非常に刺さる感じなサウンドで気持ちいい。

そして本編が『あと10秒で』で終わって(この曲、他の会場では常に一番最後だったのに)、アンコールでメンバーが入ってきてからの「客とのコミュニケーションを図るからどうのこうの」とかいうMCというかやり取りが面白かった。どう見てもヒモに見えない男に木下が「それ、君の妄想だよね?」「(今は彼女とヒモの女の人としか付き合ってないという彼に)ヒモはお前だろ!おっさんは説教しちゃうよ、マジで。」とか言っちゃって、その雰囲気がおよそある程度メジャーな音楽をやっている人っぽさが全然無くて、その辺の学生みたいなノリで良かった。
そして二人目の客に「アートの他に好きなバンドは」と聞くと、彼は答える「ストレイテナー」。メンバー、客共々爆笑。木下、身を持ち崩しながら「今日は楽しんで帰ってください」と。
アホなことやってるなあ。


しかし、最後の2回目のアンコールにはしびれた。客電もSEも流れ始めて、物販の人も何かを叫び始めて、客も帰りかけたところに急にメンバーが登場。「本当はする予定無かったけど、やります」と言って『車輪の下』。これがまた、異様にテンションが高くて、木下のボーカルも気持ちがいいくらいに張り切っていて、流れも含めてとても気持ちがよかった。

全体的に、声がよく通るライブだった。ギターもかなりギャンギャン鳴っていたけど、メインはしっかり歌で、その歌が今日は凄く良かった。独特の不安定さを保ったまま、安定して切れ味鋭く歌えていた。『ILLMATIC BABY』を聴いたリスナーの幾らかが「もうキノコが歌いさえすれば何でもアートになるよね」みたいなのが、大変いい意味で伝わってきそうな、そんな歌が聴けて非常に満足です。


あとは、私の前にいた、自分の女の髪をずっと撫で続けていた男がキモかった。それと、ライブ中に楽しそうに顔を歪めて話すカップルの姿が目立った。なんで俺の前に割り込んでくるんだよ通り過ぎるんじゃないのかよ○ねよ畜生この○○○野郎!


やっぱり、トイレタイム中にやってたThe Novembers(11月のライブだから彼らなのか?)とアートだとやっぱり圧倒的にアートいいな。性質が割と似ているバンドなので、その差と言うか差異はよりはっきりとしている。ノーベンバーズはなんかずーっとぐちゃぐちゃやってるなあってイメージしかなかった。歌のメロディも全然頭に残らなかった。一年前のライブの時は対バンはオウガで、バンドの色も被ってないしどっちも良くて満足したけど、今日はあくまでアートのためにライブに行ったという感じ。

まあ、満足感全快ですけど。シャーロットであんなにかっこいいシャウトが出来る間はアートは大丈夫!次の作品も期待しています。

特に意味はないレディへ祭りの季節

2008年11月09日 04:01

別にスヌーザーやロッキンオンを読んだ訳でもないし、ライヴに行った訳でもないけれど、私の中で急浮上。特に意味もなく急浮上。


これは誰かが作ったファミコンアレンジ。天才的すぎるし、ありそう。

暗くて不穏なダンジョンとか。展開するところからがかっこ良すぎる。
終盤の宗教的雰囲気はFF6のラスボスみたいな雰囲気。


そして何故か感動的すぎるエンディング。
動画のコメントにもあるけど、どことなく『MOTHER』シリーズっぽくて非常に良いです。
かえって原曲より泣ける。ファミコン音源の物悲しさは異常。
不気味な曲はより不気味に、そしてもろく美しい曲はよりそんな感じに。

ほかにもこのシリーズ、あと二個あるそうです。



学祭において、私のバンドでパクる予定の曲。
多分このリズムの上にThe Beatles『Tomorrow Never Knows』を乗っける。
で、ギターソロに『Paranoid Android』のメインリフ乗っけたりする訳。
超楽しい。


『Tomorrow Never Knows』のアレンジ、こっちにする可能性も大いにあった。『There There』の方。
最早伝説となっている2003年サマソニより。
ジョニーがギター持ってからの緊張感が半端無い。エド(笑)。いやエドめっちゃ重要なんだが。
『2+2=5』もやっぱり変なテンションヌ。凄い。なんかうらやましいとか思っちゃうヤバい。



レディへのいいところは、トムがなんか可愛いところもある。
やってることは変態でも、トムやジョニーがやってるとなんか可愛い。
「崇拝」みたいな気持ちを抱かずに尊敬できるところも大きな魅力だと思う。
ってかトムwwwwww



このギターも物凄い。もう本当ジョニーのギターには平伏すしか無い。
なんでそんな発想が出てくるの?なんでそんな音作るの?
そんなジョニーの後ろで堅実に仕事をこなす(コーラスなんかもよくするよね)エドも何気に凄いんだけど。



トムの優しさ、バンドのクレバーさ、そしてトムダンスwwwww
頭のいいアホは本当に手が付けられないな、って感じ。



「世界で一番ダサいPV」シリーズの一環として誰かによって作られた『世界一ダサいIdiotequeのPV』。
妙なフィット感が魅力。
映像の元ネタは忘れた。なんかどっかで「世界一ダサいPV」とかいう賞をもらったらしい。



有名な黒歴史動画。トム(笑)ジョニー(笑)エド(爆笑)若かった頃というのもあったのです。



どっかの誰かが作った、「『Optimistic』を何のmachigaiかナンバガで弾いてしまった」。
カバーとしてのアイディアも素晴らしいし、肝心のナンバガサウンドの再現度も高杉。
何故かミクまで付いてくる。
そして『machigai』のフレーズを見事に原曲にとけ込ませ過ぎ。笑いながら感動した。



最後に紹介するのは現時点で私が一番好きなレディへの曲。
こんな曲、イメージが書けたら感動して一週間は寝込みたい。
ギターのアルペジオのサンプリングがリアルタイムなのが超絶凄い。あり得ん。


いいなあレディへ。苦労してるんだろうなあ。いいなあ。

ちょっとした悪ふざけ

2008年11月07日 18:54

学祭で、バンドサークルで、照明の係をするんですけど、その時に照明表なる、それぞれのバンドが演奏する曲目と、それぞれの曲でどのように照明を照らすかという指示を書く紙があります。


今日はそれを作っていて、その書き方の参考になるように、一枚だけ例を書いてみたのです。

ネタに走ってみたのです。

200811071843000.jpg




参考:ミッシェルガンジェットガールスクールり 公式サイト
何年前のネタだろうなこれ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。