--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いしわたり淳治の最近のコメンテーターっぷりは異常

2007年09月26日 00:00

スーパーカー解散後いちばんいいポジションに就いたのは奴かもしれんね。ロックご意見番の若手代表を雑誌『MUSICA』において木下理樹と二分しているのには笑った。うん、確かに彼はしゃべりだけでも生きていける人なのかもしれない。個人的にはスーパーカー解散時期のやたらぶっちゃける彼のインタビューが相当面白かった。よほど不意打ちだったんだろーなって考えたらナカコーがなかなか酷い奴に思えてくるwwwiLLはもっと前に出てきてもいいのになあ。


アヒトイナザワごっこをして、手のひらは豆だらけ。左手親指の豆が一番深刻で、何するにも痛い。しばらくはこの痛みと枕を共にしなければなるまい。「やあペイン!お風呂できみの激しさを見たよ。この青春野郎!」



電池を交換したらエフェクターの音が急速に復活した。「もう駄目だクソな音しか出ない!」とか思ってたけど、問題は身近なところにあった。色々手早く済ませる必要があるなあ。ソングライティングとそのアレンジの徹底、学祭バンドの早急な練習、ドラムの練習、そして文芸部の作品・・・・・・。夏休みはもう黄昏の季節なのに。


天神蔦屋がマジ必死。やたら半額セールを始めた。もしかしたらそのうちやめてしまうかもしれないから、なるべく早いうちに一杯借りておきたいものです。以下、今日借りた中で良かった気がするもの。まだ全然聴けてないけど。


・Sounds Of Summer /The Beach Boys

何だこの曲数、この音質・・・・・・。実際、音質が良すぎて、他のアルバムから曲を引っ張ってきてプレイリストを作ろうとすると音質的に浮く。単純にボリュームが大きいのもあるが、心なしか音が以前のCDより綺麗な気がする。

内容は要するにビーチボーイズの数あるベスト盤の中でも最強クラスのもの。大抵の代表曲は当然のこと、時々渋い選曲(『Wild Honey』から二曲も選曲してたりする!)が見られて嬉しい。まあそれでも、同じベスト盤でもブライアンウィルソン自身が選曲した『California Feelin'』はペットサウンズ以降の曲が多くややマニアックなのに対し、こっちはモロビーチボーイズって選曲ではある。中に入っている40ページのブックレットの殆どが歌詞で、解説やアーティストのコメント(中村一義とか曽我部恵一とかいしわたり淳治とか槇原則之とか)がことの他少ないのはちょっと期待はずれ。まあでも、相変わらず曲は最高。曲の中に永遠に刻まれた青春の風景(日本人には全然関係ないものが殆どだけどな)、キラキラと光る海、そして時代の重みとか色々な要素が付加されて生まれた叙情性や寂寥感・・・・・・。そして彼らの曲のアレンジにおける、絶妙な音の薄さは何なんだろう。ファン!ファン!ファン!



・XO /Elliott Smith

アメリカのインディなアーティストのいくつかはビートルズの叙情性を増幅することに物凄く長けている。ペイヴメント、デスキャブ、ストロークス、ロックスリー、そしてこのエリオットスミス。インディじゃない気もするが。この素敵な小品博覧会な様相は素晴らしい。いちいち地味なアレンジが夜中にはやたら沁みる。メロディもこう、派手派手な泣きメロでもないし、かといって元気のようなものは感じさせない、でもビートルズのメロディのツボを的確に抑えて増幅させた、「何気なく素敵な」ものが多い。個人的に思うのは、イギリスのバンドはビートルズ的要素を荒々しく、またははっちゃけて使用する傾向(オアシスとかリバティーンズとかブリットポップ期のブラーとか)があるのに対し、アメリカのバンドは要素を叙情的に解釈する傾向がありそうな気がする(ニューヨークの連中は別だが)。自殺とか何とかはよく知らないけど、こういう音楽はそういったことで評価が左右されるものではなく、もっと普遍なものだと思う(自殺が評価に大きく影響したニルヴァーナみたいなのを批判する気な訳でもないけど)。




最近、寂しい音楽が好きなのかも。ポストロックとかはちょっと虚無過ぎたりするから、ちょっとそっちにも接近しているが基本ポップでメロウなのが好き。それか妙に古めかしい、60’サウンドのあのくすんだ感じ、レコードから流れてきそうな妙に薄っぺらくて透明感のある音とか。

でも自分のバンドはビッグマフ乱用しすぎ。少しも反省する気は無い。

スポンサーサイト

逆ゴールドラッシュ・つまり放出

2007年09月22日 00:00

Line6 DL4落とした。オクの話。26500+送料。まずまずではないか。アダプターも付いてるらしいし。


CD買った。新品で。最近ややリリースラッシュ気味か。


・左利きのキキ /Art-School

中々曲のバランスが取れててミニアルバムとしては正解な曲の並び。冒頭からの三曲が良い。予定調和とか言うな。いやでもなんか初期のシンプルな繊細さみたいなのは戻ってきてる。これと最近のメロディに凝ったりポストロック風味を加味したりした曲想とかを混ぜたらいいアルバムが出来そうで期待は持てる。最後の曲は要らない。今更四曲目みたいなある意味しょうもないことをしちゃうのが憎めないところ。まんまやん。でも好き。最後の曲は要らない。

タワレコの試聴機で聴くと声が変に聞こえた。別人みたいな感じ。


・黒にそめろ /髭(HiGE)

冒頭曲は言うまでも無い。アイディアと雰囲気一発って感じがなんとも痛快。他の三曲も思いのほか適当な作りだが、そのワンアイディアが非常に効果的な使われ方をしている。流石に二曲目は酷いと思ったが、でも嫌いでもないな。四曲目は別の意味で酷いwwwもうね、こういう曲を批判する人間には一生なれないかなあって思う。

アルバムは十一月予定。


どっちもライブ行って見たいが、金が・・・・・・。エフェクターとアンプがめっちゃ欲しい。エフェクターは遂にディレイが入るので、後もう一個歪みが欲しい。RATか?あとアンプはフェンダー。ツインリバーブかザ・ツインって感じ。金欲しい欲しい。


あと、吉井和也も欲しい。ナインブラックアルプスももうすぐってどこかで聞いた。




特定の人々へ。ゲリラライブお疲れ様です。Voxのパスファインダー10あたりなら結構安価で買えるですよ。

電気羊の夢を見たい

2007年09月14日 00:00

天神蔦屋が遂に半額サービスを始めたもんだから、CD借りまくりな私です。一日七枚と限度を決めて四日間当日返却で頑張ったんです。今日でそれも終わり。ありがとう蔦屋、誰がわざわざオンラインクーポン券を本当に紙にコピーして持ってくると思ってるんだろう。



そうでなくとも最近CD借りすぎてもう何がなんだか良く分からないのですが、その中で一聴して良かった、引っかかったものをなんとなくセレクト。


・Zombie Worm /Dinosaur Jr

『Just Like Heaven』一曲のためだけにレンタル。このCDはダイナソーのグリーンマインドより前のベスト盤なんで、『wagon』とか入ってないんですが、そのグリーンマインド前のアルバム三枚中二枚持ってるので。で、再発盤なら2nd『You're Living All Over Me』のボートラで『Just Like~』が入ってるはずなんですが、私が買ったのはどうやら古い盤らしく、再発版の『Bug』と合わせて『Show Me The Way』がダブってしまってました。ムカつく。

でも、彼らの1stは持ってなかったので、その曲も聴けたからいいかなあと思います。そして見事な金太郎飴っぷり。でも物凄く格好よいから問題なし。


・Everybody Knows This Is Nowhere /Neil Young

ニールヤングの曲に漂う寂寥感は一体何なんでしょうか?このアルバムはCrazy Horseと初めて共演したアルバムで、そろ初のアルバムから四ヶ月(!!!)で作ったらしい名盤。この次が『After The Goldrush』なんで、きっとこの頃は本当に全盛期だったんでしょう(もっとも、彼も何度かピークがあるんですけど)。そのバンドの緊張感たるや凄い。ギターとか、バカテクで弾きまくってるとかそんなんじゃなくて、激しいのに非常に寂しい響きのするリフやフレーズが飛び交います。やたら長い『Down By The River』『Cowgirl In The Sand』(この頃の彼の曲はタイトルも格好良い!)で聴けるギタープレイは、流石に勿論まだグランジ化はしてませんが、それでもあの「何やっても冴えないで十代終わっちまったぜ」的な感じが強く出ているので、やっぱりゴッドファーザーなんだなあと思います。時代なのか、60's的なトレモロのかかったくすんだギターの音は適度に乾燥していて心をゆすります。そしてあの声。やっぱりあの声はずるい。要するに、トムヨークとかベンジーとか木下理樹とかああいう細くて泣きじゃくる声の元祖であり、サーストンムーアやJマスキスやスティーブンマルクマスとかああいうやる気の漲らないように聞こえる声の元祖でもあるわけです。本当かなあ。まあともかくいい声なんです。ずるい!


・Flowers /The Rolling Stones

本当はUK盤の『Aftermath』が欲しかったんですけど、蔦屋にはUS盤しかないので、こっちを借りました。要するに60年代中期のストーンズのベスト番的内容。この頃のストーンズはなんというか、非常にブリティッシュで、誤解を恐れずに言えばオシャレです。サウンドもビートルズやキンクス南下とそんなに変わらない感じがしなくも無いというか、そういうのが好きな人なら杉だろうってサウンド。私はベガーズ以降の「ストーンズ的ブルースロック」っていう感じの、あれがどうも完全には好きになれないんです。なんか野暮ったい。似たサウンドでもニールヤングにはしっかりと寂しさがあるのに、ストーンズはなんだか逞しさというか、ワイルドさというか、マッチョさというか、そういうのが出てきてしまって、なんか苦手な時があったり。で、この60's中期の頃はもうめっちゃポップで、コロコロ転がりまわるピアノやら、マリンバとかシタールとかやら色んな楽器が入ってるらしいんですが、それが曲に良くなじんでいるのがいいです。そしてミックジャガーの声はメロウな歌にちょっとしたスパイスとしての存在感が抜群です。だってあの声でワイルドなロックしたら意外性もクソも無い。この頃のミックのボーカルはキャリア中でもっともクールだと思います。ストロークスの1stとか、この頃のストーンズ的なクールなポップさを引用してるんじゃないかなあとか思ったり。どっちもクールさと力の抜けたシャウトの使い分けが素敵。


・The Rising Tide /Sunny Day Real Estate

これを見つけたのが今回の蔦屋周りで一番嬉しかった瞬間でした。初めて聴いたんですけどね彼らのCD。いい声~かっけえええ!そしてオルタナ寄りなエモさ。デスキャブみたいな感情を抑えて美しさで訴えるエモも最高ですが、こういうのも大好きです。まだ全然聴いてないので、これからCD集めるのが凄く愉しみ。うん、これは集めよう!タワレコでお金を落とす必要がまた一つ。非常に曲線的なエモで良い。なんかぐるんぐるんして歪んでるギターがもう、これって感じ。エモって、綺麗な部分と激しい部分がはっきりとしてる曲がやっぱり多くて、その王道的なパターンって大体もう出尽くしてると思うんです。彼らはその中でとても素晴らしい美しさと激しさのバランスを持ってらっしゃる。いや、まだこれ一枚しか聴いてないんですが。歌メロが怪しくひねくれてるのがいいんでしょうね。それとギターのぐるんぐるんが合わさって、しかもメロウでキャッチー。既に解散してるのがあれですが、また新しい「CD集めたいアーティスト」を見つけて私は嬉しいです。


もうなんかあれですけど、デスキャブとこれがあったらもしかしてエモはもういいかも。






これから二日連続で夜勤の後、その夜勤の明け方と同じ日から夕勤二連続。しんどい~。






あと、髭(HiGE)の新曲良すぎ。新アルバム名もなんかかっこいい感じで超期待。

曇り空がぼくの青空

2007年09月03日 00:00

今日も今日とて蔦屋でCDを漁る。いつもと違うのは、まさかの「キ」限定のラインナップということ。


・This Is Our Music /Galaxie 500

ベルベッツの後継者として名前が挙がるアーティストといえば、ジョイディヴィジョンとかテレヴィジョンとかソニックユースとかヨラテンゴとかですが、このGalaxie 500もよく挙げられるわけです。まさかレンタルでCDが見つかると思ってなくて、借りる機会を狙っていましたが、この度遂に借りました。聴いたところ、なるほどこれはと思いました。あくまでもルーリードのソロ的なロックンロールな路線ではなく、ヴェルヴェッツ時代のどろーんとしたけだるいポップさ、『Sunday Morning』とか『Candy Says』とかに近い、退廃的な美しさを湛えた曲がずらりと並びます。3ピースのバンドですが、まさにもうそれ以上必要ないという、ある意味理想的な枯れた詩情を生み出しているようです。だから多分テレヴィジョンやソニックユースよりも、ヨラテンゴや、もしかしたらジザメリとかにも近いものがあるかもしれません。



・Face To Face/The Kinks

60年代中期の、キンクス流ブリティッシュポップ三部作(勝手に命名。『Something Eles』と『Village Green』とこれ)の最初の作品。まず、先行シングルだったNo1ヒット曲『Sunny Afternoon』が、何故No1ヒットとなったのかが不思議なほど気だるい曲でいい。さっきのヴェルヴェッツ的な、さもすると死が迫ってそうな気だるさとはまた違った、大英帝国として終了した後のイギリスの社会の駄目な部分ばかりをクローズアップしていくのが、ここから数作のキンクス、というかレイデイヴィスの作風なわけですが、それがいきなり強烈かつ辛辣に炸裂してます。アコースティックなのに爽やかさのかけらもないサウンドに乗る歌が悉くあるロンドン市民のグダグダな日常とかを歌っていて、なんともいえない気持ちになるそうです。しかし、それよりも重要なのはここでガンガン作られるあまりにイギリス臭いサウンド。これが後にジャムとかリバティーンズとかに受け継がれていく独特のゴミ都会的メロディなんだなあと思うと感慨深いです。



・Killing Joke/Killing Joke

バンド名の時点でずるいですよね。キリングジョークって。格好よすぎる。所謂ニューウェーブ的サウンドですが、どうも日本ではニューウェーブって言ったらポリシックス的な、何かグシャグシャしてるけどポップみたいなイメージがあると思うんです。これは数年前のイギリスでもニューウェーブリバイバルで出たバンドの売れた連中が大体ポップだったこともあるのかもしれませんが、実際のところ80'ニューウェーブって基本的に暗いものだと思います。ポリシックス的ポップだったニューウェーブバンドって言ったら初期XTCくらいしか浮かばない私が言うのもアレですが。で、このキリングジョークもそういうわけで暗い。でもニューウェーブも色々あって、ジョイディヴィジョンやキュアーみたいな怨念的な暗さもあれば、このキリングジョークみたいに機械的、無機質的な暗さもあるわけで、何もかもを一緒にして語ってはいけないなあと思います。

で、これ。所謂カミソリ的、金属的、ダークなニューウェーブ的なギターが延々と鳴って、機械的に反復するビートが乗っかり、決して明るくない歌を歌います。こういったバキバキ無機質系アンダーグラウンドバンドの始祖の方々の一つだと思うと感慨(ry


・Greatest Hits/The Cure

で、上の流れからのキュアーです。ベスト盤なんで、シングルのポップな曲が並びます。キュアーもニューウェーブなゴスでダークなバンドだと思っていたのですが、いやあ軽い明るい。一曲目『Boys Don't Cry』から、いい意味で先入観を壊されていい気味です。前に聴いたアルバムが『Pornography』だったせいでしょうか。『Just Like Heaven』とかめっちゃいい曲です(ダイナソーのカバーの方が好きだけどな)。ロバートスミスのボーカルが激しくニューウェーブでキモイですが、しかしこのキモイ曲がなんともポップでやたら透明感のある楽曲と合うこと合うこと。詩を読んだらやっぱりキモかったりするんですが、それでもこの良くも悪くも80年代的なインディポップソングの応酬は嬉しい誤算でした。

なお、今日ジュンク堂でBUZZを読んでいたら、何かフジロックでキュアー23年ぶり来日とか書いてあって、そこで見たロバートスミスは見事なまでにおっさんな体系でしたが、それでもしっかりと化粧を施し、なんともいえない存在感を発していました。そんな記事を読んだものだからCDを借りたくなっても仕方がありません。



・Trout Mask Replica/Captain Beefheart & The Magic Band

わははははははははははははははははははは

パニックスマイルが好きな人は絶対に聴きましょう。いや別にパクリだーとか言いたいんじゃなくて、元ネタを理解した上で聴いたほうがもっと面白くなると思います。吉田氏も影響を思いっきり公言しまくってるし、何の問題もないはず。

ああ、ここまでだったとは。きっと本当に好きなんだろうなあ。なんだかそう思うと感(ry

ちなみに、そこはさすがというか、同じようなことをやってても、私的にはパニックスマイルのほうがずっと聴きやすいです。まあ昔の外国の名盤と今を駆ける日本のバンドを比較するのはフェアじゃないし、そもそもどっちが優れているとかそういうものでもありませんが。ただ、70分越えは流石にきついっす・・・・・・。69年にLP二枚組みで78分というボリュームは物凄いなあ・・・・・・。

This Is Our Music

This Is Our Music

  • アーティスト: Galaxie 500
  • 出版社/メーカー: Rykodisc
  • 発売日: 1997/04/29
  • メディア: CD

Face to Face

Face to Face

  • アーティスト: The Kinks
  • 出版社/メーカー: Sanctuary
  • 発売日: 2004/06/22
  • メディア: CD

Killing Joke

Killing Joke

  • アーティスト: Killing Joke
  • 出版社/メーカー: Virgin
  • 発売日: 2005/07/26
  • メディア: CD

Greatest Hits

Greatest Hits

Trout Mask Replica

Trout Mask Replica

ところで、都市高速千代ICのほぼ真下に住む私は、天神方面に向かう際には御笠川という川を渡る必要があるのですが、これが私が渡る部分は遠くに海との境界線が見えそうな場所で、空の2割を占めるかのような都市高速の高架と、大博通り裏の意外と昔ながらな家の並ぶ風景に挟まれた川の流れは妙に情緒があって、そこを通るたびになんかそんな景色にうっとりするような気持ちになります。川はその日その時の太陽と空の調子を見事に映しだします。朝焼け昇り赤みを増す川も、夕日沈み赤みを失っていく川も、昼間の太陽で光を放つ川も綺麗ですが、曇った日のどんよりとした、何か淀んでるんじゃないかといった感じに鈍い色をした川の様子が私は一番好きです。なんだかそれはひどく寂しい。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。